スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフル

DVD
05 /19 2011
カラフル [DVD]カラフル [DVD]

アニプレックス 2011-04-20
売り上げランキング : 1735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原作を読んだのはいつだったかと調べてみたら10年ぐらい前だった。思い出しつつレンタルで観てみました。真という自殺を計った男の子の魂にのりうつった罪深いぼく、真の人生を観察しながら生きるとはどういうことなのか徐々に学んでゆく物語。原作読んだ時すごく感動して、いい小説だなぁと思っていて、それから少しして映画になったりドラマになったりしたのだけど、なんとなく観ないできました。アニメになった本作を観て、解っていたとはいえ自分が思っていた「カラフル」とは印象がずいぶん違うことに驚きました。
それぞれにそれぞれの問題があり、切羽詰った状況で、でもそれは傍から見ても分からない、という思春期独特な危機感。それゆえの生命感の希薄さを懐かしく思った。早乙女君のような子が私にもいました。ぶらぶら家のまわりで時間をつぶしていたら、誘われてそのまま電車に乗って遊びに行ったりした。小学生だから(当時小学生だったんです)電車賃が50円だった思い出があります。それから彼女の家に遊びに行って一緒にご飯食べたり、遅くまでくだらない話ししたり、すごく深刻な話をしてみたりした記憶を思い出しました。
映像になると違った角度から物語を追うことができた。真をとりまく同じ年齢の子達のそれぞれの個性が立体的に見えたように思えた。二子玉川の風景と風景が興味深かった、実際にある物(トースターや桐の箪笥、食器棚など)がちゃんと描かれてるところに感動した。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。