スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸・大阪旅行 その2

にっき
06 /19 2011
それから、うろこの家に行きました。

urko15.jpg
中庭の豚はお金に恵まれるという意味らしく、鼻を撫ぜてお賽銭を置いてきました。

uroko079.jpg
この館、丘の上のほうにあり、細い道を登ってゆかないと着きません。
こんなところに建っていたのか疑問に思っていると、移築された住居で以前は海際に建っていたそうです。
ここに建っているとたしかに見晴らしはいいのですが、細くて急な坂の上よりも海を見るために建っていたということに納得しました。
この塔は後から追加で建てられた隣の塔。

uroko82.jpg
入り口にはステンドグラスが
uroko092.jpg
英国館も思ったのですが、天井が異常に低い。このモジュールは建てた人が日本人だったからなのかな?と思ったりしました。随所にスケールが日本人ぽいところが印象が残りました。


uroko084.jpg
ステンドグラスも装飾性にとどまっていて、賃貸であったようすがうかがえます。このステンドグラスは当時のものなのでしょうか。よく調べてこなかったので、移築の際に変更した部分がきになりました。

uroko93.jpg

uroko99.jpg
ライトがどれも凝っていて見て楽しかった。

uroko72.jpg
右側がオリジナル、左が追加の塔。


uroko73.jpg
ロンドンの電話ボックスもありました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。