スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代ギリシャ展

美術館・博物館
09 /10 2011
仕事の暇をみて行ってきました。
円盤を投げる人の宣伝で知ってはいたのですが、いまひとつ興味がなかったこの展覧会。お友達の良かったという言葉を聞いて行ってみることにしました。
ギリシャの彫刻の展示です。この円盤を投げる人はローマ人によって作成されたレプリカなのだそうですが、とても美しかったです。そしてギリシャの彫刻を作らせたローマの人のギリシャに対する憧れを感じました。

壷の絵の軽妙なタッチや、ヴィーナスの柔らかな曲線が美しかったです。
大理石で作られた少女像、首から上がない像ですが、その初々しい体つきが瑞々しさを感じました。アフロディテの胸像もよかったです。
アスリートのようすを現したビデオや、競技場の模型が当時を想像させてくれました。ギリシャというと神話というイメージだけで、その美や人々の暮らしまで考えたことがなかったのですが、この展覧会を見て、身体と感性の豊かな生活をおくっていたことが分かりました。愛や知、信や儀についてのヨーロッパのルーツまでも感じました。
筋肉ひとつ、感情ひとつをつぶさに追い求めた古代の人達に思いをはせました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。