スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野動物園

美術館・博物館
09 /17 2011
pan807.jpg
今日は天気が良かったので午後から動物園に行ってきました。
パンダを見てきましたよ。
息子が見たいといっていたので、混雑がひけてきた頃を見計らっていってみました。お客さんはまだ多かったけど、楽しく見てきました。やっぱり見るとかわいいなぁと思います(^^)

pan803.jpg
入り口にある郵便ポストもパンダ。
捺印がパンダのものになるようで、手紙を持ってまた来ようと思いました。

動物園ホールで「動物と語ろう地球の仲間 ──上野動物園100年の歩み」(毎日映画社、1982年、33分)を上映していました。今までの動物園の歴史やエピソードが分かり面白かったです。特に戦後、慰問のために移動動物園をしたときのフィルムがよかった。パンダコパンダのように汽車に乗って象や虎が日本中を旅しているところや、地方の子供達を笑顔にしているところがいい。モノレールの歴史やおさるの電車など、息子は夫から聞いていた出来事がフィルムに出てきて魅入っていました。

となりの展示室では、国際コウモリ年記念特別展「コウモリ展──吸血鬼なんかじゃないもん……」がコウモリの会で行われていて、コウモリの色んな歴史や資料がみられてよかった。私は色んな形で出版されているコウモリの本が興味をひきました。

詩のすきなコウモリの話
詩のすきなコウモリの話ランダル・ジャレル モーリス・センダック

岩波書店 2002-06-20
売り上げランキング : 183461


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これが特にいいなぁと思って今手にとっています。

動物はかわいいだけじゃなく、地球の上で一緒に生きてゆく仲間なんだって、多岐に渡る生き物を眺めるたび思い出します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。