スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本民家園

にっき
09 /26 2011
私と娘が岡本太郎美術館に行っている間、夫と息子は日本民家園に行ってきました。
夫はどうやらここに来たかったらしい、それでミュージアムから出てきたときにバスに乗らず辺りを歩こうといったらしい…。始めからいえばいいのに(笑)

D643.jpg
白川郷の家があります

D621.jpg

D629.jpg
三澤家

D631.jpg
水車小屋

D671.jpg

屋根の美しい日本家屋がたくさんあります。
いくつかの住宅には炉が炊かれていて、生きている民家をみることができたそうです。

夫の話を聞いていて昔ここに来たことがあったのを思い出しました。
建築の勉強しているときにクラブの男の子達に誘われて来たんだった。面白がって、くっついて行っただけだったので、どこにあったのかすっかりに忘れていました。
川崎のなんだかえらい奥のほう…って記憶だけだったのです。ここだったんだなぁ、岡本太郎美術館も川崎のなんだか奥のほう…って記憶だった。川崎の奥のほうってここだったのか(汗)今頃気がついた。

建築の好きな男の子(?)はこういった民家が好きなんだなぁと思いました。女の子はあんまり好きじゃないよ、いいとは思うけどね(汗)デートには向かないってことなのかな(苦笑)女として見ると昔の民家って大変なところばかり眼につくからかなぁ。土間やいろりは女性にとっては妻として嫁として母として縛り付けられる印象だなぁ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。