スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

DVD
10 /13 2011
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2011-06-29
売り上げランキング : 305


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


深夜に再放送をしていたので、まとめて録画してみてみました。このアニメの題名がずっと気になっていて、どんな話なのか知らないまま見てみました。
この花の名前をしらない、というくだりは、村上春樹の小説にあって、最後の場面で、僕はこの花の名前さえ知らないんだ、と思いながら去ってゆく(うまい表現ができないけどそんなかんじ)小説があって、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」だとばかり思っていたんだけど、この間調べてみたらそうじゃなくて…とうろ覚えのままわたわたしつつ見ました。
そんなのとは全然違う話なのは分かっていたのですが、どうしてもこの題名を見ながら見ると特殊な喪失感を感じてしまいます。でもストーリーとしてはそう感じたまま見て正解だったのかな(汗)

最初は奇抜な設定だなぁと思いながらも、毎日ちょっとづつ見て、中間はちょっと中だるみした印象でしたが最後はよかった。展開が途中で想像から外れたのも個人的には面白かった(超平和バスターズの人ひとりひとりにめんまがやってくるのかと思ってました)。ところでこの超平和バスターズの意味がよく分からなかったんだけど、超平和をバスターするのかな(汗)。
子供の頃の新鮮な感覚感情を思い出したアニメでした。
EDがよかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。