スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川アンダー ザ ブリッジ

マンガ
11 /04 2011
荒川アンダー ザ ブリッジ 3 (ヤングガンガンコミックス)
荒川アンダー ザ ブリッジ 3 (ヤングガンガンコミックス)中村 光

スクウェア・エニックス 2006-05-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


近くに荒川が流れているため、駅前の本屋やマンガ喫茶には必ずあるこの本、気になって実は随分前に一巻を買いました。でも全然分からなかったので挫折していたのですが、お友達に三巻から面白くなると聞いて三巻まで読んでみました。…で挫折(泣)読み続けられなかった。悔しいです。面白いんだけどどこが面白いのか分からなくなる。いやきっとそれはこのコミックの面白さを分かっていないんだと思う…すみません。
主人公のリクが川に住むニノに命の借りを作ってしまい、川端にすむことになるという話。ギャグなのは分かっているのだけど、この自分中心な考えで全て進んでゆくのが耐えられなくなってしまう。リクがニノに借りをつくって川から離れられなくなる、というのはリクが小さい頃から人に借りを作るな、という厳しい家訓によってなのだけど、その自分を頑ななまでに変えない生き方が、なんだかだんだんひっかかってしまう。ニノのためとか川に住む人のためといいながら結局自分のことしか考えられないリクのように思えてならないのだけど。これが現代の人格のありかたなのかなぁ。

あとやたら口が悪い人たちが出てくるのもしんどい。口の悪い人…たくさんいます。荒川の近くだから…だからとてもリアルです。マンガでそんなリアルは耐えられへんのよもう(泣)

あ、でも川の底から世界を見るというのは面白いです。逆に世界の中心を感じる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。