トゥルー・グリット

DVD
01 /10 2012
トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-09-09
売り上げランキング : 4643


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先週借りて観た映画DVD、ずっと観たかった映画の一つ。コーエン兄弟の映画ということで気になっていました。まだ観てないんだけどノーカントリーみたいなのかなと、怖いのかなと思いながらどきどきしながらみた(12禁でもあったし)ひどく恐ろしい映像ではなかったのがほっとした。そして面白かった。
主人公の女の子14歳なんだけど、すっごい勝気で聡明で正義を持ってる。無駄死にした父への復讐を、あらゆる手を使い自分も使い運命までも使って行う話。この登場人物の人間性が面白い。セリフがこんなに楽しいと思った映画は久しぶりでした。一人一人の個性が生きてる。ああ、この人ならこんなふうにいうんだろうな、と思わせるセリフと演技に魅入られっぱなしでした。その人間臭さにわくわくした。誰もが一癖も二癖もあってそこがストーリーを面白くしてる。観てると、あ、そうだよな、って思う部分がたくさんでてくる。
賢い女の子の物語で終わってないところも監督ならではなのでしょう。最後がいい、女の子が蛇に噛まれた後の物語がそれまでの物語をひっくるめ総括し次の世界にいってる。正義も勇者も勝者もいない、そこにはただ人間が埃にまみれて、一つの銃を持って生きてるだけ、生きるか死ぬかは人間が決めることじゃなく、幸せもまた他者が決めることじゃない、って思わせてくれた映画。最後の最後歳をとった少女の生き様がいい。忙しくて結婚してる暇なんかなかった、なんて言ってみたかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き