ファイナル・デスティネーション

DVD
03 /23 2012
ファイナル・デスティネーション 特別版 [DVD]
ファイナル・デスティネーション 特別版 [DVD]
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント 2004-04-23
売り上げランキング : 33762


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ホラーは苦手で全然見ないのですが時々DVDで観たくなります。映画館ではみないけど、明るい人のいるところでDVD鑑賞するのが好き(笑)ホラー好きのすみにも置いてもらえないヘタレなホラー興味者です。友人が最新作を映画館で観て面白かったというのを思い出して第一作を観てみることにしました。最初ならあんまり怖くないかなと(ここらへんから既にへたれ)。飛行機事故が別格で怖いのもありました。

観始めたら娘が興味をしめし、ストーリーを話したら俄然乗り気になって一緒に観た。私は事故を逃れた人が二人死んだ段階でおろおろしたのに、娘は面白がってました。…自分の娘とは思えない(苦笑)家事の合間に何度かに分けてみました。個人的にはのめりこまなかったということかな。特典映像の監督の言葉に十代のホラー好きをターゲットにしたという言葉があり、ジャストミートだぁと思った(笑)。
ストーリーの組み立てはよかったのですが、身近にある恐怖が二回目からはマンネリになっている感じがあった。ありえないというのもあるかな。うーん、そうかーこうきたかぁと思った後の余韻が薄いかんじ。実行される前のほうが怖い、すごい怖かった。並んでる包丁とかカミソリとか見てる時がMAXだった(><)この感じ方でいいのかな?いつも日常の恐怖を想像してどきどきしてるので、そっちが強い。いつもすごいの考えてます(想像力だけはあるのです)。

子供の時、横から来た車にひかれたことがあるせいもあるのかもしれない。傍で見ていたお友達と当時私をつきとばした女の子がすごいびっくりしてたけど、私自身は平気だった(足の骨折ですみました。この頃骨折ばかりしてたからあんまり痛かったという思い出はない)……と、思い返すと弟の入院していた病院でいつも手術する子供とか、痛みでうめくおじさんとか見てたせいなのかもしれない、と今思った。そうかだから私は時々いやなのにホラーが見たくなるのかも。

主人公の危機感に注目しました。彼は強烈な予知夢をみるのだけど、その強力さゆえに周りに怪しまれ嫌われてしまう。でも見てしまったものの責任をとり行動してゆく、この部分が印象に残った。死んでしまう、だから阻止しなくてはならない、それは当たり前の動機だけど、その当たり前ゆえの行動力に感動した。へんなところで感動してます。見えたものの責任、そこに神の力を想像しました。
映像特典のもう一つの終わりのほうが納得できる。本編だと衝撃的なだけで意味が分からなかった。でもそれでいいのだと思う。確かにもう一つのエンディングでは面白くない、よくできた映画だぁと思った。
もう一つ、特典映像に予知能力者のドキュメンタリーがあってそれも面白かった。もっと見ていたくなりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き