千葉市科学館

美術館・博物館
04 /07 2012
4月1日の日曜日、ホキ美術館から千葉中央にある千葉市科学館にゆきました。
わざわざここの科学館に来たのはKAGAYAのプラネタリウムを家族で観るためです。新作スターリーテイルズをまだ夫だけは観てなかったので、皆で観に来ました。KAGAYAのプラネタリウム番組は「銀河鉄道の夜」からファンで、「スターリーテイルズ」は娘と息子と私の三人は池袋の満天プラネタリウムで鑑賞していましたが、科学館のプラネタリウムでみるのが始めてです。わくわくしながら行きました。

ti-bakunn.jpg
入り口では千葉市のマスコットちーばくんがおでむかえ。舌をぺろっと出しててかわいかった。

千葉市科学館は都内にある科学館とはまた違うアプローチの展示で、子供と一緒に楽しみました。小学生の息子はもちろんですが、高校生の娘が面白がっていろいろやって遊んでいた。一月に大阪の科学館に入り楽しそうにしていたので、大学は理系に進みたいという娘の言っていることがやっと理解できたように思います。いつもごちゃごちゃ文句ばかり言ってるけど、進みたい道はちゃんと口にしてたんだなと、今頃気がついたりしました。黄金比率の面白さ、222.3℃の不思議、知れば知るほど科学には驚くことがたくさんあります。「私これが勉強したいんだよ」と言う娘から、科学の面白さに改めてはっとしました。

モールス信号が面白かった。信号を頭の中で作れるようになったら楽しんだろうなぁ。夫は直ぐに理屈を理解し打てるようになったのに私と娘は悪戦苦闘しました。脳みその使ってる部分が違うようです。

久しぶりに見るKAGAYAの映像に家族で感激して帰ってきました。このプラネタリウムは前作の「銀河鉄道の夜」も上映されています。大きなドームでみる映像は新しい発見と感動に満ちていました。また来たいです。プラネタリウムも科学館も楽しかった科学館でした。科学館は夜7時までやってて子供達は最後まで楽しんでいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き