あっというまに年末です

にっき
12 /15 2012
あっというまに15日になってしまいました。今年も二週間とちょっとです。手伝っている仕事が一月にピークを迎えるので、年末という感じが例年よりもっとない感じです(汗)
こんなに長くブログを書かなかったのも始めてなんじゃないだろうか…ああ、少しづつでも書いてゆきます。

最近観た映画などなどをメモ代わりに書きます。

希望の国
よかった。まいっているときに観て力をもらいました。本や新聞を読む時間もなく、どんどん物語が読めなくなってもう読もうともしなくなっていたけど、この映画をみてその力をもらった。やっと心が動きだした感じがした。フィクションだけど物語の本当の意味を知ってる映画。これが物語だと思いました。雪の中で盆踊りを踊るお母さんの姿を観てどの言葉も思い浮かべられない、そのこと自体、自分が日本人なんだと思ったりした。すごいシーンでした。

エヴァンゲリオンQ
序破急のQだと思っていて、最後の映画だとばかり思い、観てみたくて見に行った。希望の国を見て翌日のことです。物語がもっと観たくなった。破がかなり興味深いエンディングだったので、そのつづきが気になってしかたなくて、始めて映画館で観ました。物語が急展開しています。面白かった。私はファンでないので、どう読み解いたかという感想はいえないのですが、TV放送の頃から知っていたので、自分の中でのエヴァンゲリオンという作品への解釈がまとまってきた感じがしてます。総体でみて漠然としか思えないんだけど、自分なりの答えが出せたので心のもやもやが晴れてほっとしたというのが感想です。

日本橋
日生劇場で観てきました。仕事場の傍で毎日見ている日生劇場に入ってみたかったのが理由の一つでもう一つは坂東玉三郎の演技を観てみたかったから。目がすごいなぁと思った。目の演技が心の芯を見通すようなすごいもので、でも迫力はあるけど怖くはなかった。優しい感じがした。それは役のせいでもあったのかな。彼の美しいという意味が(少し)分かったようにおもいました。

フランケンウイニ-
好きな短篇の映画で、ブラックさは少なかったけど、楽しく観た。すごい山場はないけど、一つ一つの動作やキャラクターの一つ一つが面白い。シャベルを握る時の手の向きを変えるところとか、人形独特のディティールの細かさがあった。物語はたんたんと進むけど、主人公ヴィクトリーのお母さんとお父さんの子供を観る眼差しがあったかくて素敵だった。お父さんは息子に友達がいないことを悩むけど、お母さんは「自分の世界をもってるだけ」という。彼の研究を暖かく見守り好きなだけやらせているところがいいなぁ。ああはなれないなぁと呟くと、進学に悩んでいる娘がじろっと私を見ました。個性って本当にやっかいで自分のぶんでさえ手を焼くから、だからこそ周りの人と認め合ってゆかなくちゃならないものなんじゃないかなと思ったりした映画でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き