雪の日のたんじょう日

児童書
12 /31 2012
雪の日のたんじょう日
雪の日のたんじょう日ヘレン・ケイ バーバラ・クーニー

長崎出版 2008-11
売り上げランキング : 377933


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


年末に雪の物語を読みたくて読書。12月の始めに誕生日を迎えるスティーブンが主人公。毎年雪は降らないけど今年はプレゼントに雪が降ってほしいと願うスティーブン。念願かなって雪は降るのですが大雪になって…。

自分の誕生日を楽しみにする少年の心がかわいらしい物語。雪が降りすぎて友達が来られなくなってしまってがっかりするスティーブンを母親が悲しそうにみつめます。妹の面倒をみたり家の手伝いをしたり、いたっていい子のスティーブン、その彼が自分の誕生日に哀しみにくれる姿は読んでいて一緒に悲しくなります。
しかし大雪で立ち往生した家族を暖かく迎え入れたことで話は一転してゆきます。当たり前のことなんだけど、人間の暖かさがにじみ出てる話。都会ではもうなくなった人情が溢れています。

雪の結晶を折り紙で作っている妹との会話に「雪の結晶はひとつとして同じ形のものがないのよ」というお母さん。「人間だってそうじゃないか、人間ということでみんなおなじだけど、ひとりひとりはちがっている」というお父さん。立ち往生したクレインさんの娘キャロルを面白い子だと思うスティーブン。物語のディテールが優しさと愛にみちています。
雪がやみ、かえっていったクレインさんは「誕生日に悲しそうな顔をしている子供にはなにかしてやらなくっちゃって思うんだよ」と友達を連れてきてくれます。こういった大人の優しい眼差しに支えられているから子供ものびのびと穏やかに育ってゆくんだろうなと思ったりしました。


一年があっという間にすぎてしまいます。特に仕事をやめて次の仕事を始めた夏すぎから時間が一気に加速したような忙しさでした。なんとかここまで来たというほうがあってるかな。やっと周りをみられるくらいになって今年が終わろうとしてます。
年末に書いていた今年の一冊も書いてない(汗)
怪物はささやく
怪物はささやくパトリック・ネス ジム・ケイ

あすなろ書房 2011-11-07
売り上げランキング : 22553


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

が今年のベストです。

やりたいこと感じたいこと書きたいことがいっぱいあります。今の仕事が三月までなので、四月から少しは落ち着く…かな。


皆さん一年間ありがとうございました。
来年も良い年でありますよう。
よいお年をおすごしください(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き