スノーホワイト

DVD
02 /22 2013
スノーホワイト [DVD]
スノーホワイト [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-10-17
売り上げランキング : 1923


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



近日発売される『白雪姫と鏡の女王』とほど同時に公開されていた映画がずっと気になっていたので観てみました。お姫様がトワイライトのクリステン・スチュワートで驚いた、女王のシャーリーズ・セロンの演技がすごくてバランスがちょっと悪いかなと、存在感のアンバランスさがうまく働いていないようにおもった。
それから先日ホビットを見た時に夫と話したんだけど、人が鉱物に対する執着は、一種独特なものなのではないか。国や地域(摂れる鉱物)時代によって微妙に変わっているのではないだろうかと話していたので、七人の小人の個性である鉱物堀りという面を排除してしまっているのは残念な感じがした。
白雪姫ーでもそうですが、今日日女は強くなり男を守らなくてはならないのですかね(苦笑)。狩人にたどりつく複線としての王子様の存在が弱すぎてちょっとかわいそうになりました。であったとき先ず最初に身の守り方を教えてくれる男性が今を生き抜く女性にはたくましく映るということなのでしょう。
シャーリーズ・セロンの衣装がきれいで次はどんな服なのかなぁとわくわくした。生きる為に綺麗でなくてはならない、美しくなくてはならないというトラウマが男性からもたらされたものというあたりから、男女の複雑な関係を思わざるえなくて、なんか、そうまでして…と思いつつも普遍のものを感じてしまった。ブスでもおばさんでもいいよという男性はほんとはいないんだな(^^;。CGも面白かった(笑)ジブリにリスペクトしているんですね。クリステンが森の中を走ってるとどうしても、”彼”が出てきそうな気がしてしかたありませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き