スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の記憶

美術館・博物館
04 /29 2013
目黒美術館で行われている「佐脇健一展 未来の記憶」に行ってきました。美術館でチラシを見て、なんだかそのチラシがとても気になって、モノクロの写真でどこかの施設のブロンズ模型でその空気感を感じてみたくて行きました。

Metal work ブロンズの模型(炭鉱だったり建物だったり)が風化したようにさびていたり割れた地面のような中にある作品。炭鉱にある鉄塔が使われなくなって傍にある工場とともに朽ち果てて立っている模型。それを俯瞰するように見ながら会場をまわると、普段は建物の中にいるのに外からみることによって、様々なものを広いスパンで考えるようになる。その時に思ったことが最初の印象と変わっていて、その違いについてまた考えた。ひとつの作品がチェルノブイリの石棺であることに気付いたら、作品の土台は殆どが棺の形をしていることに気付いた。その中心に窓辺に立っているようにも絞首刑台に立っているようにも見える人のオブジェがある。飛翔するようにも落下するようにも見え、でもやっぱり重い素材でできているから落下するんだろうなぁ、背中の部材みたいなのは到底羽にはならないなぁと思ったりした。

Video Installation 端島の作品がよかったです。軍艦島行きたいなぁ。端島はもう見た瞬間から一目で分かる形をしてるから、特に印象に残るのかなぁ。

人は変わる、考えも行動も中身も、でも棺は変わらない。チェルノブイリの石棺は老朽化が進み今年新たに覆いが作られることになったそうです。終わらない歴史が一つ日本でも始まってしまったのだと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。