スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月花形歌舞伎

にっき
07 /22 2013
昨日東銀座にある歌舞伎座に歌舞伎を観に行ってきました。
夜の部の通し狂言「東海道四谷怪談」を見てきました。
以前から観たいと思っていた演目で、見ごたえがあり面白さが山盛りで(笑)あっという間の四時間でした。

お岩さんの美しさ怖さ、旦那である伊右衛門のどうしようもなさ、現代の出来事のように怒ったり恐れたりしました。舞台が浅草のあたりと近いせいもあるのかもしれません。下町のなんともいえない情の話にどきどきはらはらしました。

大詰めの舞台は江戸東京博物館で何度も模型で動きを見ていたので、本物を見ることができて感動しました。すごかったです。新しい歌舞伎座の華やかさと、美しい役者の動きや着物。生で観る演技の迫力どれをとっても良かったです。早着替えや大道具の面白さも堪能できました。
特にお岩を演じた菊之介さんの身支度を整えるお岩の場面が怖くてすごかったです。幽霊となって舞台の上を飛び回る姿も軽やかで美しかったです。
「歌舞伎の初心者にお勧めよー」と言われていたこの演目をやっと観ることができ、次は何を見ようかな(^^)と思ったりしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。