ドライブ・マイ・カー

村上春樹
11 /16 2013
文藝春秋 2013年 12月号 [雑誌]
文藝春秋 2013年 12月号 [雑誌]
文藝春秋 2013-11-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近本を読む時間と心のゆとりがまたなくなってしまって、なかなか読書できないのですが、村上春樹の書き下ろしということで購入し、のろのろと読み始めました。

本を読む元気が無いっていうのは、精神的にも肉体的にも辛いです。電車で通勤しているのですが、ほぼ行きも帰りも満員で本を開くゆとりがない。読めないことはないけれど(そんなにまでして読みたいのですかっ!て人がいるけど、あれはすごいですね)精神的に疲れるのでやりません。私にとって読書とはリラックスしながら思考する(もしくは助けてくれる)ツールなんだなとつくづく思います。身体を休めて頭を動かす時間が読書なのです。また毎日目を酷使する仕事をしているので、本を開こう、細かい文字を読もうという気分になれない、心が乏しくなってゆくのを日々ひしひしと感じます。

最初のほうはとんとん読めるのだけど、どこから面白くなるのか分からなくて、うまく読みすすめられなかった。昼休みに会社で読んでて眠くなる自分にショックうけたりもしました。(村上春樹を読んでいて眠くなる自分に腹がたつという変なプライドがあることにも気付いた)

後半運転手と会話するようになってからが、めきめき面白くなり、後半はあっという間に読み終わりました。面白かったです。私が感じたテーマ(?)は怒りの置き所・ありか、でした。怒りの派生から自分のなかでどうつきあうか、どう別れをつげるか、または別れられないで抱き続けていくか、ということだと思いました。私は何事も自分さえもコントロールしているようにみえる主人公の一番の悪というか闇の形を感じました。

先週、舞台を観たので主人公が俳優というところにちょっと違うリアリティを感じた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き