最後だとわかっていたなら

絵本・詩
02 /15 2014
最後だとわかっていたなら
最後だとわかっていたならノーマ コーネット マレック 佐川睦

サンクチュアリ出版 2007-06-26
売り上げランキング : 4319


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新聞で見て読書。
交通事故で息子を亡くしたアメリカで生活する女性がわが子を偲んで書いた詩。9.11のテロで爆発的に有名になったのだが、無断で違った説明で広がっていた詩なのだそう。しかし彼女はそれに対して平和的に読まれるほうを選び、違うことを声高に叫ぶことはなかったそうです。私はこのことにとても感動しました。詩も素晴しいのだけど、真に自分以外のたべに動ける人が今の私にとって尊敬する人なので、深く心を動かされました。人は無意識のうちに自分のためにしか動けない動かないようにできています。そうじゃないと自分を守ることはできません。それを自覚し他者のために働きかけることができる人は本当にすごい人だと思うようになりました。それがどんな結果であれ、私はいいと思うんですよ。で、このノーマさんは、きっとそれを分かっていて、間違って流れてしまってもそれでいいと心から思うことができたのではないでしょうか。この詩で一人で多くの傷ついた人たちの心が癒せるのならそれでいいと。その精神は詩以上に崇高な意味をもっていると私は感じました。これはめったにできることではありません。だからこそ称えなくてはならない精神だと思うのです。
毎日を後悔しないように生きてゆくことは、なかなか難しいけれど、立ち止まり他者にたいして思いやる心を持つことは自分を大切にすることに繋がる。悲しみの渦中にいるときには分からないことも、立ち止まり周りをみる時間が必要だと思いました。そして毎日を精一杯生きるのは分かりすぎるくらい分かっているけど、それでも精一杯必死に生きていかなくてはと思った一冊でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き