スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島旅行その2

にっき
04 /29 2014
広島旅行その2です。
最近ブログに書き込む時間と機会が少なくなって寂しいです。ここに書き込んでいる記事が多ければ多いほどリラックスしている証拠なので、ここしばらくゆっくりできてないなぁと愚痴などこぼしてみます。それというのも子供二人がそこそこ(大学生と中学生)大きくなったにもかかわらず、色々とちょっかいだしてきて困っているからです。こうやってブログ書いている傍で子供達が色々話しかけてきます。そのたび中断し会話に付き合っているのですが、これがまた延々と続くわけで。自分が子供の時はそんなふうに親にかまってもらったことがなかったので、なるべく付き合うようにしているのですが、一体これはいつまで続くのでしょうか(泣)子供が小さな頃は『大きくなったらもっと自由な時間が増えるんだろう』と考えてきたのですが、ここまで大きくなっても終わらないとは...素敵な大誤算です。
こんなふうに思っててもいざ子供にかまってもらえなくなると寂しくなるんだろうなぁ...親なんて勝手なものですね。せめて後追いはしないようにします(^^;


朝食。ホテルのバイキングってどうしてこう食べ過ぎてしまうのなぁ。
昼過ぎまでお腹持つから半分計画的なんですけど(^^;
IMG_0306_20140429103128fb9.jpg


昨夜見た原爆ドームを改めて見学
DSC_2891.jpg
これは夫のカメラ
IMG_0307_2014042910313072c.jpg
これは私のあいほんで撮影


次に公園入り口に建つ観光案内所にもなっている広島市レストハウスの地下に行きました。
DSC_2902.jpg

ここは広島の建築を紹介しているサイト広島の建築で申し出をすれば被爆している建物をそのままの状態で残している地下を見学できると知り、行ってみました。
ちょっと暗くて怖いのだけど、子供達は独特の雰囲気に暫く黙って見学していました。
このレストハウス上部は綺麗な建物です(逆光で撮影しませんでした)案内してくださった人も売店の人も優しくて丁寧な接客をしてくださいました。私はここで水色のマフラーを買いました。
それからこの広島の建築というサイト、とても重宝しました。出かける前に何度も拝見しました。様々な建築の歴史や今が記されていて、建築を見るのにとても役立ちました。情報を集める時間が大幅に短縮でき旅行まで時間がなかったので助かりました。

IMG_0309_2014042910313216d.jpg

IMG_0308_20140429103131998.jpg
祈りが書かれた折鶴があり厳粛な気持になりました。

それから原爆の子と千羽鶴を観て広島平和記念資料館へ
DSC_2906.jpg
丹下健三の渾身の作です

ガイドを聞きながら展示を観てまわりました。はだしのゲンを読んでいる息子は投下の時間で止まった時計や遺品が特に気になったようで何度も観ていました。以前友人と来た時は若者として閲覧しましたが、今、母の立場となって見直すと新ためてその悲惨さに胸が熱くなります。被爆して帰ってきた子供を息絶えるまで見守らなければならない親の気持ちや、病院にいっても何もしてもらえないと悟り家に連れ帰って汚れた布団に横たえさせなければならなかった気持ち、朝子供を送り出してしまった後悔。それらの気持は時間を超えて生生しく胸に響きました。遠い記憶になったからこそ改めて引き寄せて感じなければならないことだと思いました。
それで戦争や戦いがなくなるわけじゃないけど、戦いは毎日の生活にだってあるけど、思っていれば結果は違うはず。それは祈りに近いけど、最後の最後で人を信じられるようになりたいと思いました。

DSC_2921.jpg

平日なので公園内を近所の保育園の子供達が手を繋いで横切ってゆきました。桜の咲き始めた公園でオレンジ色の帽子を被った子供達が楽しそうに遊ぶ姿を資料館の上から眺め、平和な日常のありがたさを当たり前のように感受している贅沢を思いました。

IMG_0338.jpg

IMG_0313.jpg

日が高くなるつれ暖かくなり桜がどんどん花開いていました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。