スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の国

現代小説
05 /24 2014
愛の国 (単行本)
愛の国 (単行本)中山 可穂

KADOKAWA/角川書店 2014-03-01
売り上げランキング : 16833


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


久しぶりに中山可穂さんの新刊が出たと知り早速読書。それも天使の骨のシリーズの完結版となればもうわくわくも最高潮でした。先に後書きを読んで、作者の想いと文字通り骨を削るようにして書いたのだと分かるともういてもたってもいられす読み進みました。この人の小説は読み始めると魔法にかかったように読んでしまうところが魅力です。どうしてこんなにひきつけられるのか、自分でも考えたのですがファンタジーだからなのかなと、私にとって同性愛の世界や登場人物のいる世界はどこか遠く御伽噺のように思えるので、そう感じるのですが、と同時に文章の端々に共感できる部分が多くあってリアルと幻想がいりまじっているところがたまらなく好きなのだなぁと思ったりしてます。
ばぁっとよんではぁっとため息をつきました。
この小説は色んな要素がつまっています。なにより面白かったのは四国の八十八めぐりとサンディエゴの巡礼がはいっているところ、八十八めぐりは今まで行きたいと思ったことはなかったのですが、時間をつくってやってみたいめぐってみたいと思いました。またミチルと一緒に歩いているような気持にもなりました。
ネオナチの話や収容所のくだりは、正直うまくのみこめなかったのですが、反同性愛法についての考えが後書きにあって、そうか…と思ったりもしました。
なによりミチルがタフでどこでもたくましく生きている姿に、憧れと尊敬と美しさを夢想せずにはいられません。
これが遺作となってもかまわないくらいの勢いで書いたと書かれている後書きを読み、読者としては書くことに対する執念と執着を強く感じ次の作品を期待しないわけにはいかなくなりました。静かに心から次の作品をまちわびたいと思います。

天使の骨 (集英社文庫)
天使の骨 (集英社文庫)中山 可穂

集英社 2001-08
売り上げランキング : 346008


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


猫背の王子 (集英社文庫)
猫背の王子 (集英社文庫)中山 可穂

集英社 2000-11
売り上げランキング : 328562


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。