ヨコハマトリエンナーレ2014

美術館・博物館
09 /27 2014
横浜のトリエンナーレに行ってきました。9月15日なので、かなり日にちがたっているのですが、思い出し思い出し書きます。

s-IMG_2428.jpg
これは横浜港に留まっていた飛鳥Ⅱ、かっこよかったです。

s-IMG_2404.jpg
コンセプト「華氏451の芸術 世界の中心には忘却の海がある」を読んで面白そうだなと思いつつでかけました。第一回目のトリエンナーレのインパクトが強くて、どうしても比べてしまうのもいけない。
横浜美術館と、新港ピア、ヨコハマ創造都市センターに行きました。(黄金町は急用ができていけなかった)

横浜美術館では、猫のインタビューと
s-IMG_2407.jpg
これが面白かった。(↑鏡にうつった自分が写ってます)
s-IMG_2412.jpg
忘れられた時間に思いをはせる(でいいのかな)というのに、わくわくしてたんですが、私はそのコンセプトがどう作品とむすびついているのかが分からなかった。いや頭で分からなくてもなんとなく感じたかったんですが、がつんとくるものがなかったのが寂しかった。

s-IMG_2418.jpg
地下のこの作品…面白かった。ロッカーが何故あるのか考えてしまった。

横浜美術館で見たこの作品
s-IMG_2405.jpg

対をなすものが
s-IMG_2425.jpg
新港ピアにあった。船もあった。

s-IMG_2420.jpg
s-IMG_2423.jpg
賑やかで楽しい

ヨコハマ創造都市センターの展示が面白かった。また行きたい。ビデオもじっくり見たかった。
s-IMG_2433.jpg
この原油を使った作品、以前水戸芸術館で大きいの観て夫と面白かったねって何度も話してた作品だったので、再会できてうれしかった。
忘却の海とはなんだったのか分からなかったんですが、自分で対峙しなくちゃいけないんだなと大きな問題をもらって帰ってきたような気持でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き