ゼロ・グラビティ

DVD
11 /30 2014
ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2014-04-23
売り上げランキング : 205


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずっと気になっていた映画をDVDで鑑賞。やっぱり映画館で見ればよかったなぁ。作業しながら見たんだけど、宇宙の青がずっと脳裏に焼きました。宇宙空間の恐怖。どうして人類はこんなところにきてしまったのかと思わざるえない過酷な空間にひたすら生き続ける生命の性を思いました。クルーニーよかったなぁ。お話しと分かっていても、自分から命綱を切り、最後まで主人公を支える、そんないい人いないだろ!ってくらいいい人でした。死の最後に他人を想う人間の深さを感じた。細かいことなんだけど、酸素がないのによくしゃべるなぁとか、説明書の図が大きすぎないかなぁとか(宇宙飛行士は基本説明書は全部頭にたたきこんでいるはずだから、そんなに大きな絵でページを割かなくてもいいのではないかな)とか、ちょっとしたディテ-ルが気になった。(多分映画を見ている人にわかりやすくしているのだと思うのだけど、優秀な宇宙飛行士が既に習っている帰還方法に戸惑い細かい文字で書かれている説明書に混乱するっていう演技のほうがリアリティがあったようにおもう。分かりにくいけれど…)宇宙空間や浮遊感がリアルに感じられただけに残念。地上に降りてきたの自分以外の生物の存在のありがたさ、空気があることの奇跡、そんな当たり前のすごさを言葉ではなく感じた映画でした。
ちゃんと見てないので、もう1回観てみる。日本語にして流してたら子供達のほうがはまってた。「お母さんクライマックスだよ」とか言ってた。面白かったみたいです。

追記:後日ちゃんと見ました。…どうコメントすればいいのか。こんなお話しだったんですね。ラストの主人公が地球に降り立つ姿が一番いい。…他は…これNASAの人とか怒らないのかなぁ。彼女致命的なミスばかりしていますよね。で、こんな状況じゃ絶対生きていけないわけで。ただ宇宙空間での死というのがリアルでした。今までに見たことのない恐怖で怖かった。「タイタニック」見たときは船に乗るもんかって思ったけど、「ゼログラビティ」では宇宙にいくもんかって思った。…いけないけど(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き