スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイマックス

映画
12 /27 2014
久しぶりに息子と映画に行ってきました。前回はプレーンズだったなぁとか話しながら観にいった。受験やその後の学校生活ですっかり距離がでてしまったけれど、そしてもうディズニー映画は一緒に観てくれそうになくなったけど、最後の一本かなぁと思いながらも見ました。

物語は14歳の天才のヒロはその才能をもてあましていて、そんな姿を兄のタダシは苦笑しつつも認めてる。2人は幼いときに両親をなくしていて、ドーナツ屋を経営する伯母さんのキャスに育ててもらってる。ベイマックスは人を助ける医療ロボットとして兄が作成していたのを兄の亡き後ヒロがひきつぐという流れ。兄のなくなるきっかけとなった事故を起こした悪役とやがて仲間と一緒に果敢に戦ってゆくという話。

どこまでも優しさで作られたベイマックスに戦いのデータをインプットするヒロの対照的な姿と、サンフランシスコソウキョウという東京みたいなサンフランシスコみたいな町が印象的でした。秋葉原のような御徒町のような新宿のような渋谷のような、全部行ったんだろうなぁと思ったりした。坂のある風景は横浜にちょっと似てたかな、両方行った事のある夫はサンウランシスコのほうだと言っていたから、そっちなのかなぁ。ディティールがどれも細かくよくできているところがピクサーらしく、それがコミカルに変換されているところがまたよかった。くずもち屋とか○○水道とか、他の国の人が見ると面白い形の文字なんだろうなぁ(笑)ピクサーの映画って見始めて思い出すんだけど、すっごく楽しそうに作ってるのが画面から伝わってくるところ、すっごく好きです。そのオフィスの面白さは有名ですが、あんな面白いオフィスからこんな自由な映画ができるんだなぁって思います。CGなのに伸びやかに楽しそうに作ってるのが見ていていやされます。そんなこと思ってる時点で自分がCG窮屈な印象しかもっていなかったのに何度も気付く。それはCGの難しさをちょっとでも知ってるからでそこを乗り越えているところ(技術的だけではなく)を楽しく感じるのだろうなぁ。なんて思う。

ベイマックスとの飛行シーンや街の様子がよかった。あと空気の入った身体の触感とか。最後にはほろりとさせるシーンもあり(小さな子供がシリアスな場面に恐怖を感じたらしく泣き出したのがまた面白かった)見終わったあとも笑いながら出てこれる娯楽映画でした。
話の構成は一話完結ものなので深さはないけれど、街の楽しさ(ヒロの部屋や室内の小物が面白かった)と飛行シーンなどの動きの場面が楽しめる映画でした。
あと前半のヒロをその気にさせた教授との会話が面白かったなぁ、あれ聞いて息子が大学って面白いところだって…気がついてなかったけど(泣)面白いのに・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。