ターシャ・デューダ展

美術館・博物館
03 /29 2015
昨日銀座の松屋で行われているターシャ・デューダ展に行ってきました。


アメリカのバーモント州で晩年一人で庭の手入れをしながら自分のペースで生きたターシャ。自然や家畜を愛し生活の全てを自作し、大変だからこそ自由にきままに生きた人生は羨ましくなりました。

芍薬の花がすっと立ち花を咲かせてゆくのを見ているだけで幸せだという彼女の言葉は大きな生きるヒントを与えてくれました。
ある面では頑固だったんだろうなぁとも思うので周りの人が暖かく見守ってくれたからこの生活もできたのかなと、ターシャ本人とその家族が素晴らしいのだろうなと思いました。

帰りに以前から行きたかったガウディっぽいレストランでランチ。
カサ・ミラ邸の天井のような店内。また行きたいなぁ

20150329054707ef9.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き