スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本二冊

現代小説
05 /31 2015
私が語りはじめた彼は (新潮文庫)
私が語りはじめた彼は (新潮文庫)三浦 しをん

新潮社 2007-07-30
売り上げランキング : 113708


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


秘密の花園 (新潮文庫)
秘密の花園 (新潮文庫)三浦 しをん

新潮社 2007-02-28
売り上げランキング : 55857


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


会社の若い男性に薦められて読んだ本。しをんの小説は何冊か読んでいるけど、これを読むのははじめて。
私がーは一人の教授をめぐる不倫の短編集。よく読むと登場人物が微妙につながっている。それが多角的に人格をあらわしていて面白いと思った。
「予言」が好き。救急車がくるまで物語を語り続ける主人公がひとりぼっちのエルフの話を思い出した。
ひとりぼっちのエルフ (ハリネズミの本箱)
ひとりぼっちのエルフ (ハリネズミの本箱)シルヴァーナ・デ マーリ Gianni De Conno

早川書房 2005-12-15
売り上げランキング : 1346860


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こういう何かが変わる瞬間が描かれているのが好き、そして物語がかかわっているところがいい。


秘密の花園は女子高のこう濃密な感じがでててよかったなぁ。
那由他と翠の関係がいいなぁ。彼女でならなければならないことを感じた瞬間が好きだなぁ。

・・・で、どうして若い男性社員はこの本を私に薦めたのだろうかとそんなことばかりが気になる日曜日の夕方です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。