スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェルサイユの宮廷庭師

映画
10 /31 2015
アラン・リックマン監督の映画を観てきました。「ウインターゲスト」は2006年にみてます。この映画にも出てきたケイト・ウィンスレットさん主人公の宮廷ものなんて、観ないわけにはいきません(笑)ウインターゲストでもケイトさんは出演していたそうで、もう一回観てみようと思います。どんな役だったのだろう。

映画はアラン重視で観たので、アラン贔屓目です。フランスが舞台の映画なのにフランス語ではなく英語で話してるし、不自然なところがあるのですが、アランがルイ14世になり硬質な英語を語るところはとてもよかった。と思うのはアラン視点だからなのだろうなと、他にもセットや時代背景、物語のディテールなど、ん?って思う部分が多々あるのだけど、お芝居というか劇という観点でゆくと納得するかも。この時代に女流園芸家はいないのですが、膨大な敷地に庭を造った造園師たちがいて、その苦労を可視化してるかんじはありました。

奥ゆかしい恋愛と大胆な仕事、少し前にみた「暮れ逢い」を思い出したりしました。それから男と女の友情、これがいい。アランとケイトの友情による言葉のかけあいは、「いつか晴れた日に」を思い出しました。王と庭師との会話なんてありえないのに、さらっとなんとなく会話してしまうところがアランだなぁ。そして公の場での二人の会話は女性賛美につきました。しかし、なんというかこの場合の女性を敬愛するかんじがどこまでも英国的なかんじはある。そして映画として独特な個性があるのもアランの監督した映画らしいなぁって思った。そこが好きなのですが(笑)
広大な造園の世界を再現して、美しい映像を楽しめたのがよかった。
アランとケイトの会話は文字にして読んでみたいと思うほど美しかった。英語でも日本語でも。早くDVDほしいな。

ところで、最初の試験で真ん中の鉢を一つ移動させたのはどうして?日当たり?シンメトを崩すため?理由が気になった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。