青の障壁

携帯小説
12 /23 2015
青の障壁 (OtoBon ソングノベルズ大賞)
青の障壁 (OtoBon ソングノベルズ大賞)白井 かなこ

エムオン・エンタテインメント 2015-11-28
売り上げランキング : 62075


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


携帯小説を久しぶりに読みました。読んでみて分かったけど、読みたい小説は携帯でも、紙でもサイトでも読むんですね。読みたくなる文章を私も書いていきたい。。。そんな抱負を語っているばあいじゃないのですが(汗

以前も紹介したことがあるのですが、白井かなこさんは弟の小学校時代の同級生で、かつ心臓病だった弟をつぶさに観ていてくれた人です。
暦がつむぐ恋物語vol.12 約束 ~葉月~という小説のモデルにしてくださいました。最近は

君に届け1  はじめての気持ち (集英社みらい文庫)
君に届け1  はじめての気持ち (集英社みらい文庫)椎名 軽穂 白井 かなこ

集英社 2011-03-01
売り上げランキング : 299837


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で有名ですね。
そのかなこさんが
ソングノベルズ大賞 受賞作 無料お試し版 (OtoBon ソングノベルズ大賞)
ソングノベルズ大賞 受賞作 無料お試し版 (OtoBon ソングノベルズ大賞)伊藤 秋樹 いぬじゅん 白井 かなこ 岡田 みちよ

エムオン・エンタテインメント 2015-11-28
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で佳作を受賞されその作品が「青の障壁」です。
ドリカムの「朝がまた来る」のソングノベルです。

主人公の香子はかなこさんにイメージが重なる部分があり、勝手にかなこさんの雰囲気を重ねながら読みました。歌から想像するように、悲しい話なのですが、それだけではない次への夢と希望を感じさせる小説です。
塾生の未知との関係は、細かく丁寧に描かれ、以前塾で働いていたことがあったかなこさんの観察眼がここにあるのかなと思ったりしました。思春期の生徒にたいする真摯でまっすぐな視線を感じます。しかし未知との心の交流を重ねるうちに、自分の甘えをみつけ、友達になることで心を許したことで自分のエゴを押し付けていると告白するところは、すごいなと思いました。なかなかこういった自分を戒める視点を持つのはむつかしい。特に年下に対して上から目線ではなく平等にそれでいて、ともに先を見るという感覚は実はとても難しい。そしてそれを年下の人のほうが敏感にキャッチする。ここらへんの描写がとてもよかったです。
物語は恋愛でして、衝撃的なことも起こるのですが、それは読んで楽しんでください。

思春期の子どもを育てているせいか、この時期の子どものもつ狡猾な部分やアンバランスな部分を見つめるまなざしの表現がとてもよかったと思いました。あと上野国立博物館の平成館私も好きです。谷口さんの設計で、美しい建物です。そんな博物館の風景も読みながら楽しんだ一冊です。いや一つの小説です、と書けばいいのかな。ネット小説はどうやって呼べばいいのかなぁ、時代は変わるなぁおばさんついてゆけないです(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き