スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近みたものきいたものよんだもの

にっき
01 /23 2016
年始からいろいろ観たり行ったりしてるのに、ここに書いていないです
新しい職場は忙しくなく精神的にも安定しているのですが、だからこそだらだらしてしまうというループに…。いやだらだらしてるつもりはないのですが、うにゃむにゃ、ゆっくりして心が元気になってきましたよ。いろいろ観たりできる心の余裕ができたところです。

半分(以上)メモとなってしまいますが、このごろの私の行動他

アナベル 死霊館の人形 [DVD]
アナベル 死霊館の人形 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-12-16
売り上げランキング : 4040


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

死霊館ででてきた人形の映画。死霊館のほうが怖かったかな。どっちも怖かったけど

■上野でUENO WELCOME PASSPORTを買い下町風俗資料館に行った

■最近デヴィットボ-イの出演したラビリンスという映画がみたくなってます
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-08-28
売り上げランキング : 150


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

手に入るかなぁ

■21_21 DESIGN SIGHTで行われているフランク・ゲーリー展にいきました。
で、すっかりはまり
フランク・ゲーリー 建築の話をしよう
フランク・ゲーリー 建築の話をしようバーバラ・アイゼンバーグ 岡本 由香子

エクスナレッジ 2015-11-27
売り上げランキング : 158130


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今読んでる本

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21
売り上げランキング : 102443


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今見たDVDよかった。ただのドキュメンタリーじゃない。てかドキュメンタリー映画でこんなに笑ったの始めてかも、面白くてよかった。模型作ってるところよく分かった。やっぱり行かなくちゃと思う

■BUNKAMURAで行われている「リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展」は久しぶりに図録を買いました。中のミュージアムショップに並んでいた関連図書もよかった(ほしかったけど我慢した)年始からいい絵みたなぁって思ういい展覧会でした。

■映画「サグラダファミリア」恵比寿ガーデンプレイスで観てきました。去年から観たかった映画で、今のサグラダファミリアの様子が分かってほんとうによかった(自己完結してます)そしてガウディを覚えている人や当時の彼の様子を知ることができてほんとうれしい。建築は・・・語りたいこといっぱいでいいきれない。20年以上前に行った当時のおもかげは少なく、また問題も山積みでため息がでるようなことが多いけど、それでも建築が進んでいることはいいことなのだなと、作るということについて考えた映画でした。生誕の門がでてくる度に泣いてしまいました。そのくらい好きです。ああ、ここにも行きたい。というかスペイン行けばいいんじゃない私。

■映画「白鯨との戦い」夫がみたいというので観てきました。白鯨の物語が書かれたいきさつと当時の様子がわかる映画。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-11-22
売り上げランキング : 13845


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を思い出した。本の白鯨まだよんでいないのだけど、このライフーとあわせて読んでみたいなぁ。
白鯨と最後みつめあったときの無言の会話の意味というのをすごい考えてしまう。
映画は迫力があって面白かったです。捕鯨のシーンがすごかった。あと生物としての宗教的ななにかを感じました。

■エルメスギャラリーの「Soleil Noir」 ローラン・グラッソ展 古いものと新しいもの、不思議なものの融合をかんじました。映像がよかった。スケールや時間の感覚が分からなくなるところが不思議な浮遊感をかんじました。

■ソニプラ8Fでサウンドプラネタリウムを観ました。マイケルの歌と宇宙空間がよくあってた。ユウニ湖の映像も圧巻でした

■アラン・リックマンの亡くなった月でもあります。膵臓癌だったそうで、今は目を閉じて彼の姿をえがきながら冥福をお祈りしたいと思います。早かったとかもっと生きてほしかったというのは残された側の我侭だとわかっていてもそう思わずにはいられません。

こんな今年の初めの月です
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。