スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川市東山魁夷記念館

美術館・博物館
02 /21 2016
以前から行きたいとおもっていた記念館に行ってきました。
20160221094344d97.jpeg
京成中山駅から徒歩15分。中山ひなまつりイベントが地域で行われていて、人がぱらぱらと歩いていましたが、道がよく分からず何度も迷いながら歩きました。
しかし社寺があって通りをでるといきなりお堂があったりして楽しかった。
記念館は以前市川市に住んだことのある魁夷の思い出の品や顔料が展示してあり、人生を自分のペースでゆっくりとまわれるところがよかったです。ビデオでは緞帳の製作過程を知ることができ、またレストランでゆっくりできるのもよかった。土曜日の日中でありながら高級住宅地に囲まれ、静かでおちついた雰囲気であるのがよかったです。
作品展示の部屋が一つなのが寂しいですが、大きなほかの作品は東京の美術館で見ることにします。
今回の展示は「東山魁夷 心象の世界」として冬華、星の夜などがありました。
旅行先でのイメージを手放すそのときまで空想の風景を描いていた氏の繊細な心の動きがかんじられました。
空想について考えていたので、よいヒントとなりました。
緑から青の色数が58色にもおよん顔料で青の使い分けをしていた魁夷のその人柄のよく出ている展示でした。

旅に出てひとり無心に自然と向き合うとき、画伯はもっとも純粋な自分自身を取り戻せるといっています。自分自身をとりもどせる静謐な空間と時間をもっともたくてはなと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。