スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いヤッケの男

現代小説
03 /19 2016
夫から借りて読んだ本
怖い話を読みたいといったら読んでいた本を貸してくれた。

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)
赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)安曇潤平

メディアファクトリー 2008-02-27
売り上げランキング : 416508


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


山の遭難話の本です。短編がいくつか入っていて、どれも現代の山であった不思議な出来事が書かれています。私は山登りはしないのですが、ぞっとする話がいくつもありました。しかし中にはちょっと創作かなぁと思うのもあって、でも山でおきたことって分からないからなぁっておもいかえしたりして、そんな感じで読みました。
現代の文明から離れた山の中での出来事は海や宇宙で起きたことと同じくらい不思議で何が起きてもおかしくないと考えているので、最後はやっぱり怖かった。
人の想いがどこまで残るのかなぁとも考えた本でした。短編なので読みやすく楽しかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。