スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられた巨人

ファンタジー本
06 /14 2016
忘れられた巨人
忘れられた巨人カズオ イシグロ Kazuo Ishiguro

早川書房 2015-05-01
売り上げランキング : 67344


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっと読みました。
白熱教室見たの去年の夏でした・・・。すっごく気になっててでも読む時間と気持ちがなかなか整わなくて。
読んでよかった。

これすごいです。いやもう、今さらなの分かってるけど、この奥行きすごいわ。なんだろ、村上春樹は読み終わった後に真空がくるけど、この小説はごろっと岩がころがってるかんじ。確かに目の前に何かころがってる。でもそれは問題提起とかそういうたぐいのじゃないの。白熱教室で氏がいっていた『そういうことだよね?』っていう概念というか気持ちの塊。
それがさ(すっかりため口)こう読んでいる側の内側に入って記憶を引っ張り出されてる感じ。ステーィブンキングが、内側を引っつかんで引きずり出されてるとすると、この小説は読んでいる間にその手触りを自覚ささておいて、よいしょって最後に引っ張ってくる、意識せざるえないところまで意識上にもちだしてくる感じなんですよ。

わたし全然社会派的に読んでないし、読めないからそれが社会的にどうこつとか、今の現代に…なんていえないんだけど、これは皆知ってて皆言葉にできないでいたのを、認識させて見せられてると思った。これ、なんでいま必要なのか分かる。そしてそれはたぶん今じゃなくてもそうなの、でも今なのって感じなんです。(つまり普遍的なものをいってるってことですね)
これ複線とかいうレベルじゃなく複雑だけど、すごく簡単なこと言ってる。

サクソン人とブリテン人のイメージは、わたしにとってはサトクリフで
ケルトの白馬
ケルトの白馬ローズマリ サトクリフ Rosemary Sutcliff 灰島 かり

ほるぷ出版 2000-12
売り上げランキング : 150866


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とかなのですが、老騎士と若い騎士の対決とか、老人夫婦のやりとりとか、ひとつひとつがとても印象的な言葉のやりとりをします。
それに伴うイメージが情景ではなく心情ではなく感覚的に細やかなのです。これ読んでいて思い出したのですが以前読んだ「わたしを離さないで」でも同じことを思った。わたし「わたしをー」実はよくわかってなくて、でも目が離せなくてサラサラよんだ覚えがあるのですが、この小説も読んでいる間、本から目を離すときになってしょうがなかった。それは物語の筋ではなく、その心の動き方の描写でした。対話している相手がどんな表情になったのか、何を思ったのかが詳細に描かれていて、その心の動きがものすごくわたしにはリアルに感じられていました。ああ、それだけに思っている人(老人だったり、老騎士だったり騎士だったり少年だったり、いま思うと皆男性ですね)が別な何かを考えていることが分かる、表層的な感情を細かく描写しているから深いところの意図というのが気になってました。感覚的に隙のない物語です。

最後はこれ歳とらないと分からないよ。あれは難しいってもう…
ああ語りたりない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。