ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッター
07 /16 2016
お久しぶりです。

夏に向けて原稿を書いております。アラン・リックマンの出演した映画を入手可能な作品全て年代順に観て感想を書いて一冊にまとめるっていうのをやってます。
40本の映画を観ている日々です。
で、同時に隙間時間に買っておいた携帯版も読みつつ、このDVDも鑑賞。懐かしいです

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]
ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-07-16
売り上げランキング : 5192


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今のDVDには番号がついてるんですね。自分でもタイトル順番忘れそうだったもんなぁ(笑)
会社の人に子供とみるのに迷ったって言われたもんなぁ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版J.K.ローリング 松岡 佑子

静山社 2006-09-21
売り上げランキング : 30974


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アズガバンを再読したのは去年のUSJ行ってるときだったので、久しぶりです。
アズガバンは文庫で読みましたが高いのでこの携帯版を買って読んでみた。ぜんぜん携帯じゃない、室内でしか読めない厚さですよこれ…・。1000ページこの大きさはちょっと…

前回読んだのは2003年と2005年でした。11年も前です。懐かしいなぁ。今回は色んな意味ですっきりと読めました。やっとことの全体がわかってきた(遅い)ローリングさんが何を考えていたのかが、違った角度からとらえられるようになった。思春期のイライラとしたハリーやロンの雰囲気ばかり気になっていたけど、感情に流され理性を忘れるなという意味もあったのではないかと、やっとそのことに気付きました。
リータにしてもマスコミとの関係が以前は早すぎると感じていたのですが、情報に惑わされるなという意味であれば合点がゆきます。ちょっと性急すぎる気もするけれど。

こうやって原作を読んで改めて映画を観るとかなりはしょっていますね。そういった意味では原作の真の意図は原作でしか読み取ることができない。魔法省の人も少ないし(原作では狡猾な大人として何人もでてきている)

今回の読書で一番腑に落ちたのは、まじめな人ほどだましやすいというくだり。なんでも信じるから思い通りになったと、クラウチjrが述懐するのが印象に残った。
こうやって何度も読みかえすと違った面をピックアップできて面白い。

映画の中でのアランは…最高ですね(><)
原稿がんばります(涙)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き