シン・ゴジラ

映画
09 /03 2016
あまりにヒットしてしまって、いまさらなのですが、メモを残しておきます・・・(^^;
先月8月14日に見に行きました。私はあんまり乗り気じゃなかったんだけど、結果楽しめました。
いやこれは壮大なギャグではないかと…いやぁ庵野監督の脳内そのままだだもれな映画だったなぁとそんな感想です。
帰ってから
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
キングレコード 2013-04-24
売り上げランキング : 521


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

をちょっと見直したけど、アングルや設定がよくにていますね。
それはなんというか小津が独特な撮影形式を貫き通したのと同じで、繰り返すことによりより深く世界に入り込んでゆくような、技術の深淵へと向かっているような感じがしました。

よく知らないので適当なこと言ってしまうんですが、蒲田のあたりはパトレイバーのTVシリーズだったかごく初期の頃の、下町と遺物とのアンバランスな構図を思い出しました。この現代にあって、異質なものとの組みあわせが面白いと思うのは多分日本の人特有の感覚なのではないでしょうか。見ながらすごい自分が日本人であることを意識した。いったん海外にいったけど、やっぱりゴジラは日本の怪獣なんだなと思いました。

あと東京駅周辺がすごく丁寧に作られてた。一年半くらいまえの東京駅ですね。建設途中の建物や竣工間近の建物はとりあえすできていて、駅前がまだ工事中で…ってそんなことばっかり考えてた。あ、今丸の内側に倒れたな、とか八重洲口側にいるときは建物の高さでゴジラの身長測ってました。レゴみたいに高層ビルが頭の上から落ちてきてるとか…楽しかったんです。
最後は科学館だったし。最初のほうで「なんで東京なんだよ」みたいに関係者が言ってて、東京はやっぱり護らなくちゃいけない日本の大都市なんだよみたいな会話してて、面白いセリフ入れてるなぁって思った。
畳み掛けるような会話や、官僚の動き、リアルな分だけ監督の色がはっきり出てて笑えた。そこそこ~みたいな楽しかった、こんなに映画館で笑った映画はナイトオンザプラネット以来だなぁ

ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD]
ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2009-09-25
売り上げランキング : 3914


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


船や飛行機や自衛隊関係はよく分からないのだけど、この間入間で見た戦闘機が飛び立つところは楽しかったなぁ。こうぐわーんと飛行機って飛び立つのですよ、離陸までの距離が短くジェットでごり押しな感じで力任せに上がってくかんじ。音もすごくてかっこよかったんですが、それを思い出しました。

201511072027507bb.jpeg
F-2

20151107202815a30.jpeg


シン・ゴジラ、何年かしたら現代の都市の様子を思い出させてくれる映画になりそうです。

波が押し寄せてくるところとか、避難している人たちがマスクしているところとか、私たちはたくさんの災害を経てここにいるのだなと感じた。またこうやって映画館でそれを静かに観られるだけの時間がたったのだなとも思いました。

いろいろでてきたのでおまけに貼っとく
DSC_3873.jpg
DSC_3831.jpg
DSC_3886.jpg
DSC_3904.jpg
DSC_3833.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き