スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百年の孤独

現代小説
10 /29 2016
百年の孤独
百年の孤独G. ガルシア=マルケス Gabriel Garc´ia M´arques

新潮社 1999-08
売り上げランキング : 87548


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっとやっと読むことができました。
もう何年読もうと思って読めずにいたんだろう。10年以上前だったなぁ。新訳も2006年に出ていて、新訳といいつつ前のままなんですが、それでも読みやすかったです。最初にぺージにブエンディアの一族の家計図が書いてあるから、それ見直しながら読み進んだ。これ読みやすいって言ったけど、最初は読み進みが遅かったです。妻ウルスラとホセ・アルカディオ・ブエンディアの二人が作る生活というか歴史というか不思議な夫婦の生活が暫く続く。不思議な夫ホセ・アルカディオの生活はやがてその子供達に受け継がれてゆく姿を100年にわたって描いている。
これ最初どう読んでいいか分からなかったんだけど、マジックリアリズムといわれているジャンルで、不思議な出来事の間に戦争や街の衰退、自然災害など織り成されている。
殺した男が亡霊となって遠く離れたマコンドの街に現れて会話したり(しかも死者は殺したホセを懐かしんで会話がしたいといってくる)寂しさから土壁を食べる女性が美女だったりと、不思議な個性や出来事がどれもどこか腑に落ちるというか分かるんです。登場人物一人一人の感情や行動に共感、感動してしまう自分がいました。読み進んでいて面白いなと思ったのは、ドフトエフスキーなどの作家はすぐ傍に作者の存在や息使いさえ感じることがあるのですが、これは作者マルケスの気配を感じなかった。もっと透明感があるように感じたのは、この小説に登場する人物ではなくマコンドという街の姿を描いているからなんだと途中から思いました。一人一人の人生は複雑で儚く、起きそうな出来事が次から次へと起きます。それが納得でき面白くて読むのが楽しかった。しんどかったけど楽しい読書でした。これ遅まきながら今年の一番かもしれない。いまさらなんですが、多分買った当初に読んでも半分も理解できなかったと思う。今だから分かるディテールがあります。
アウレリャノの人生が重く深いなぁ。あと生ききってるなって思うのはウルスラですね。夫のホセは最後なんだか木につながれちゃってもうおかしくなってしまうんだけど、(これがなんというか夫に似てる。男の人ってこういう部分あるよなぁっていう性格がでている)亡くなった後亡霊になって妻のウルスラが相談したり木の下にいる彼のもとで泣いたりする。
それからこの一族の女性陣もすごい。女性ならではの執着と嫉妬と呪い、その反面あけすけな人も途中からなんだか吹っ切れて大らかに生きる人もいる。財産ないとか男が働かないとか天候が一向に良くならず環境が最悪なままと愚痴っているより、さっさとやれることはやって後は面白おかしく生きようよってスタンツのほうが結果幸せになれるんだろうな、そのほうが勝ちなんだろうなって思ったりした。メレディオスとかアマランタとか不幸だよなぁ。熱烈な恋をしたからといってそれが確実な愛になるわけでもなく、情けない男は情けないまま、女はこちらはこちらで生きてゆくしかないんだなって思ったりした。

と、こんなことをついつい考えてしまった面白さでした。後半は汽車が走ったり、政治が始まったり、農業がさかんになったりと街が繁栄してゆくんだけど、それにあわせて世界が広がり一人一人の描写が薄くなってしまい、なかなか想像できなくなった。あとがきにも書かれているけれどつじつまが合わないところがいくつかあって、話も前後しているので、この出来事がこのことかな?とぺージを前後しながら読み進んだ。しかしそれを差し引いてもこの小説はすごい。ノーベル賞作家の作品を私がいうのもおこがましいのですが、世界観が世界の表現のしかたでこんなに個性的なのはほかにないと思いました。面白かった。

私が特に面白いと思ったのは、ちょっとした出来事に書かれた叙情的な部分です。殺される前にアルカディオの考えたことやアウレリャノのひらめき、町の人の話に誰がどんな反応をしめしたか、そんな些細な表現がどれも重くそして納得できるくだりで、読みながら人間は感じていることは皆同じなんだなってことでした。それが瑣末であればあるほど人間味が出てくる。そしてそんなことに翻弄されることはくだらないし恥ずかしいけど、皆そうなんだなと、そんなものすごく当たり前のことを感じたりしました。

最後は壮絶でした。サンタソフィアとピラルの間におきたことはクライマックスというにはあまりに破壊的で同時に賛歌になっていると私は感じた。混沌とした感じがよかったです。長い小説の醍醐味を久しぶりに味わいました。

IMG_9621.jpg
百年の孤独というのは焼酎の名前になっていると知り、早速呑んでみました。
40度の強いお酒でした。小説と同様強烈なパンチの効いた、呑んだことを忘れない強い個性のお酒でした

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。