スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦これ

映画
01 /08 2017
元旦の夜つれあいと見てきました。いいようという感想を聞いていたので、これは一度映画館で…と思い行ってきましたよ。
実はあまり知らないのと、理解してないのと、ゲームもしていないので、なんとなく見に行ったというほうが正しいかな。夫はTVシリーズも見ていない艦ヲタの夫とみました。
元旦夜の小さなスクリーンというのもあって、初見の人が少なかったのかな、ちょっと仲間意識てきな空気が流れてたようにおもいます。いや、私よく分かってないんです…って思いながら座っていました。しかし、よかったです。TVシリーズでは遠出の戦闘シーンが少なくて、大和さんなどは重たいばかりの印象だったので、かっこよかったなぁ。実際にあった戦いを模している(でいいのかな)という話ですが、海上での動きや流れを見ているだけで楽しかった。
・TVアニメで不十分だった部分がみたされた
・艦むすについて考えた
ストーリーとしては重たくて、艦むすって何?という根源的な問いをこの映画ではしていて、それについて(とりあえず)答えている。刀剣乱舞でもそんな感じの部分はいまあって、こうなるのかなと思ったりもした。
しかし、艦むすは男らしいですよね、その反対で刀剣ーは逆なところもあって、そこらへんの設定がどうかということまで夫と話し合ったりした。艦むす男気あふれていますね。
ゲームをやっていないせいか、娘さんそのままでも出動してかっこいいかもとか思ったりしました。抜錨!!ですよね(^^)
か弱い女の子が必死に海を渡ってゆく姿がいじましかったなぁ
お腹冷やさないといいとか思ったりもした(^^;
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。