スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世界の片隅に

マンガ
01 /08 2017
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)こうの 史代

双葉社 2008-01-12
売り上げランキング : 27


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原作のほう読み終わりました。映画レビュー見返えすと、熱く語ってますね私(^^;。で、原作読むとこれがぜんぜん違ってみえました。丁寧に書かれているので、時間をかけてゆっくり読書しました。

コミックで受ける印象と映画の印象がまるで違っていて驚きました。いい意味で。映画ではすずの言葉はセリフで流れてゆくけど、コミックだと文字として読めるのもいい。特に違って感じたのは
・すずが敗戦の後泣くところ
・けい子の許しの場面
・すずの所在無さが伝わってくるところ
・リンさんの物語の時系列
戦争の場面や迫力は映画のほうが(もちろん)すごい。でもそのほかの静かな場面は自分の時間で読めるコミックのほうが染み渡るなぁと。どちらもそれぞれ違う間をもたらしていていい。そして比べられるほど、映画が忠実に作っているところもいいなぁ。素敵だなぁ。作者が作品に愛情をもって戦争を調べたのが分かる。そして私もいくつか同じ場所にいったけど、どこの展示、資料を見たのか伝わってきた。(時々そんなコミックを見かけます)こんなところで勝手に共有感を持ってしまって申し訳ないくらいなんですが、そんな共通点をみつけて親しみを感じた読書でした。
また映画が見たくなります。そしてまた読み返したくなる。特にリンさんとの関係はコミックのほうがじんわりくるなぁ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。