二郎は鮨の夢を見る

DVD
01 /15 2017
二郎は鮨の夢を見る [DVD]
二郎は鮨の夢を見る [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2013-09-25
売り上げランキング : 31141


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


正月に鮨を食べたり、去年鮨屋をたたんだ親戚のことを思い出したりしてたら、この映画を観たくなって観てみました。すきやばし二郎の主人のドキュメンタリー、よかった。ここのお鮨食べにいきたくなった。でも心も身体も緊張しそう。
観ていていいなと思ったのは、以前の築地の様子が収録されていることろ。今話題の築地ですが、活気のある姿は年々変わってきていて、以前の築地のイメージの残りがこのフィルムにはある。二郎さんという人を頂点に様々なプロや人が鮨をささえていて、その人脈や仕事のよしあしを決める小さなことが完璧に組み立てられているのを知れば知るほど店主のまじめさ、仕事への執念、思いが伝わってくる。妥協をせずに生きてきた証の全てがこの店に料理に凝縮されているのを感じることができる映画です。

親戚のおじさんを観ていても思ったけど、昔の職人ってこんな感じだったなぁって思い出した。魚屋やってた祖母祖父とか頑固や昔気質といわれていた人達を思い出す。こういった人がいなくなったのが現代なんだなぁとも。毎日同じことをくりかえしていく職人という職業はいまや単純作業としか認識されないものなのだなぁ。毎日繰り返されている作業だからこそ研ぎ澄まされる技術というものがあった時代。今はPCなどに変わってきたものの姿がここにあるなぁと思いました。
お弟子さん大変そう。でもほんとのことをずけずけいうところとか、逆に信頼関係がしっかりしてるからなんだろうなって思った。ほんとの職人さん、口は悪い手も足も出すだけに責任をもって接してくれている関係ってのが伝わってくる。
見たもの、やったことに責任を持つかっこいい人をひさしぶりにみたなぁ。鮨が綺麗でなんか泣けてきた。美しい鮨というのを見たのは初めてだなぁ。過去の話を少ししていて、実家が遠州鉄道沿線なのも驚いた。
高貴なる哲学を持つのに、学歴やお金はいらないって思った映画でした。すぐにまた見たくなる作品。監督がこのお店を好きで作る人達を尊敬しているのが伝わってくるからそう思うのかな。鮨をめぐる環境についても語っているところもよかったです。


プロフェッショナル 仕事の流儀 修行は、一生終わらない 鮨(すし)職人 小野二郎の仕事 [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 修行は、一生終わらない 鮨(すし)職人 小野二郎の仕事 [DVD]茂木健一郎

NHKエンタープライズ 2008-08-22
売り上げランキング : 66240


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これもみたい

追記:この映画で遠州鉄道にのって地元に帰るシーンがあります。終点の西鹿島から少し離れた天竜病院の近くのうなぎやさんにでかけております。…浜松旅行したばかりで、つい気になってしまって追記…(笑)浜松いいところでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き