ドクター・ストレンジ

映画
01 /28 2017
カンバーバッチ主演の最新作を観てきました。アメコミ原作ってどうなんだろうって思ってたんですが、面白かったです。ちらっと予告見たらインセプションぽいなと思っていて、評価もあまりよくなかったので、期待しないで行ったんだけど、楽しめました。ティルダ・スウィントンが出てるって知らなくて、驚いた。彼女大好きです。で彼女もバッチさんもイギリス人ですね。NYにいるよりなじんでみえたのは気のせいかな。
映像が美しく、また色んなミスマッチが展開されているのも面白かった。バッチさんの愛嬌のある部分も存分に現れていたし、皆に傲慢な医者といわれてるけど、彼の生き方は決してそれだけではないことが行動やしぐさで読み取れる。周りに誤解されることも厭わずに自分の道を進む姿はかっこよかったなぁ。その茶目っ気のある性格も、どうしようもなく天才肌なところあるキャラを存分に表現し演技していたバッチさんがかっこよかったなぁ。シャーロックで鋭利な浜刃物のように切れる天才を演じてきてるせいか、天才の演技がいたについてた。
医療と魔術の対比や建築や都市の描写がいい。香港の足場が竹なところとか、細部にまで作りこんでいるところもいいなぁ。ロンドンのマントはどうも某魔法学校っぽい感じで展示されてる気がしたなぁ。
ストーリーの奥行きや運びは面白くとんとんと進んだけど、クライマックスがちょっと???ってなった。なんだかとんちレベルな気がしたのは私だけなのかな。西洋と東洋の考え方の違いかな、コミックスだからかなとか考えた。
でも時間というタームのリアル感質感を感じた。もう一回みたいなぁ。4Dは確かに酔いそう。でも大きな画面で見るのいいな。映画館で前に座ってた人が多かったのはそのせいだったのかな(^^;
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き