ぼくが消えないうちに

児童書
01 /28 2017
ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)
ぼくが消えないうちに (ポプラせかいの文学)A.F. ハロルド エミリー グラヴェット

ポプラ社 2016-10-04
売り上げランキング : 354195


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大手町丸善でレビューを観て読書。面白そうな題名とこの絵が印象的だったので読んでみました。実は最初の数ページで1週間くらい読めなくなっていました。少女アマンダが結構わがままなところと、想像の初年ラジェーが内向的なところが入りにくかったのですが、暫くしてから読み直すと、独特の世界観があり、それはどれも嘘をついていなくてひきこまれました。
夢見がちなアマンダの破天荒な個性、自由で我侭だけど他人の存在を認めていて否定しない。アマンダのママも変わっているけど、ないがしろにしない心を持っている。
この本を読んでいて私はたくさんの空想の友人がいたことを思い出しました。時に応じて実に何人もの空想の人を作ってともに過ごしてきました。弟の病院通いに付き合い何時間も待合室で静かにしていなければならなかったとき、親の虐待や罵りにあったとき、孤独なときはいつも想像の人達とお話していました。今だって、こうやってブログに文章を書きとめるとき、見えない誰かに話しているような気持ちでいます。
そんな昔はいた頭の中の人達を何人も思い出しました。そしてこの思いださせてくれたのが、この本のおかげで意図だったのだと悟りました。物語はきらきらと輝いていた子供の感性で描かれています(だから最初読んだ時に我侭な印象を持ったのです)ああ、こんな新鮮な感覚を昔はもっていたのだなぁと、懐かしく思いました。子供だから見えていたもの、世界が広いと思ってその狭さに気がつかなかったときの事を思い出しながら読みました。そしてそう思うのは多分いまも変わらないのなかと大人になっても忘れていないことはそういうことなのかもとかぐるぐる思いながら読み終えました。
作者が詩人であることがこの不思議な文章になっているのだなと感じながら読みました。面白い奥行きと展開がまっています。お勧めの本。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き