スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松旅行 その11

にっき
02 /08 2017
天竜浜名湖線に乗って次の駅、天竜二俣駅へ
既に電車の中は鉄道好きな親子が数組乗っていて、13時50分から始まる駅の見学会が目的の人がたくさんのっていました。

207.jpg
213.jpg

トロッコもあった
208.jpg
バサラもあった
209.jpg
一般の所有らしいのですが、寝台車もあった
214.jpg

215.jpg
駅、ラーメンが人気のよう

電車ついてすぐに見学会の申し込みを、まだ空きがあるというのでほっとしました
216.jpg

拡声器を持った女の人の説明で駅の見学がスタート。説明がスムーズで帰りの電車の心配までしてくださって、素晴らしかった。所要時間は約30分
217.jpg
旧給水塔(蒸気機関車があった頃の名残です)

221.jpg
転写台(小さくてガタガタいってた。よく動いてるなぁって思うほどすごい)

219.jpg
扇形車庫4番の次に5番があったそうです。
転写台に使われたのは一番手前のBASARA車両

220.jpg
ラッピング列車です。きっと奮発してくださったんです

254.jpg
動画、近いうちにUPしますね。
動画撮影したので転写台に乗っている画像がない(汗




[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



252.jpg
小さいのがとても珍しい転写台なのですよ、と説明を受けました。
第三セクターになる前は、蒸気機関車が走っていたこの路線。蒸気機関車がここに何台も停まっていたのかと思うと胸熱です。

225.jpg
226.jpg
転写台を見たあとは、車庫の隣にある作業室へ

233.jpg
239.jpg
240.jpg
238.jpg
236.jpg
246.jpg
色んな写真や模型が展示されています(よくわかってなくてごめんなさい)

248.jpg
煤けた天井は蒸気機関車の名残をかんじさせてくれます。


255.jpg
車両区へ

256.jpg
258.jpg
259.jpg
263.jpg
木造がきちんと保存されていました。浴場は煤のついた体を運転手や整備員さんたちが洗うためのものだったそうです。

267.jpg
物のない時代に線路や枕木などの廃材を使って建てられたホーム。よく保存されてるなぁって思いました。

271.jpg
268.jpg
柱が木とレールの屋根

272.jpg
一人じゃなかったら乗ってただろうなぁこのトロッコ…

275.jpg
帰りの電車の時間まで駅前をちょっと散策。機関車も展示されていました。

278.jpg
かつてはたくさんの人と蒸気機関車でにぎわった駅。レールの多さと敷地の広さで当時を想像しました。

279.jpg
電車の中、こういった一輌電車も珍しいのです…

282.jpg
帰りの遠州鉄道はBASARA号
(直虎の前はBASARA人気だったんですね)

285.jpg
遠州鉄道との一日フリーキップでまわりました。
単線のレールの上をとことこ揺られて乗るのは楽しい時間でした。
転写台ののどかさもよかったなぁ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。