浜松旅行 その13

にっき
02 /12 2017
305.jpg
楽器博物館で閉館まですごしてから、建物を出ると夕焼けが始まっていました。

306.jpg
6時すぎの高速バスに乗って、東京へ

308.jpg
足柄サービスエリアはトイレが新しくなってました。以前来たのは何年前だったかなぁ。

帰ってから浜松の歴史や二俣の記録などを調べ、改めて浜松という土地の特異性や面白さ、奥深さにうなっております。家康と信玄の三方ヶ原の戦い。本田さんと秋野さんのすごした天竜川近くの町、山下をつなぐようにひかれた天竜浜名湖線。東海道として栄え、戦争では8割以上が焼けた浜松。王子製紙や楽器、自動車の町、いろんなことをいろんなふうに考えるその一貫した魂の力強さに感銘をうけた旅行でした。

いまさらなんですが、この間行ってきた甲府の信玄がこんなところまで山越えてくるってことが、なんだかびっくりです(笑)生活するだけでも大変なのに…こんな山中越えて二俣に出なくたっていいのにとか、てかすごいなって思ったり。バタバタつくる本田氏や川の流れから美をつむいだ秋野さんの心根とか想像して今更ながら驚いたりの旅行の終わりでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き