足跡姫

舞台
03 /20 2017
P1000720.jpg
3月10日金曜日の夜の回にいってきました

久しぶりの芸術劇場です

P1000721.jpg
ポスター、逆さではないです

P1000722.jpg
なんかこうわくわくしてきますね

P1000725.jpg
私の席はこの模型でいうと、左の一番後ろ、一段高くなった出入り口のところでした。
座席表みたとき、ちょっとがっかりしたんだけど、袖の気配や出入りがよく見えてすごくよかった

この斜めになっている舞台はピナバウシュをおもいだしますね
P1000723.jpg
P1000724.jpg
この角度が水の勾配にあわせてつくられていることに後半気付きます

ピナといえば
NODA・MAP番外公演 表に出ろいっ! [DVD]
NODA・MAP番外公演 表に出ろいっ! [DVD]
日本コロムビア 2011-02-01
売り上げランキング : 8837


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これを観て
新潮 2017年 03 月号
新潮 2017年 03 月号
新潮社 2017-02-07
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

台本を読んでからいきました。
台本を読んだとき、どんな舞台になるのかぜんぜん分からなくて、分からないままみましたが、面白かったです。
戯曲なのですね、昔にみた夢のーの頃をおもいだしました。
話かたや落とし方が独特(っていえばいいのかな)でなんだか懐かしくなった。ただ特徴があるので、ちょっと古典的にみえたかな。以前のモーツァルトのオペラとは違った形なのは分かりました。

歌舞伎の技法や能の動きをとりれていて、それは表にーでも同じなのですが、もっと比重が大きくて、それだけに歌舞伎と中村氏に対する敬意と畏怖すら感じました。一緒に仕事をしてきたことに心から感謝しているのだなぁと感じる脚本、舞台でした。
足跡でアートを作るのは以前、彼のキャラバンが世界をめぐったドキュメンタリーを思い出した。あそこから着想したのだなぁ。その踊りの動きの面白さと美しさはあそこからきているのだなぁと思いました。
あと、ストリッパーの動きや踊りがどれも色っぽくて、それでいて綺麗でした。主演の宮沢さんはもとより、後ろの女の人の踊りと動きがよかったなぁ。私は最近タヒチアンダンスを習い始めたのですが、綺麗に踊るってほんとうに大変なんですよ。
へんにいやらしすぎず、綺麗な動きでした。役者ってダンスもできるんだと(当たり前ですが)改めて思いました。
他にもロープなどの今までの色んな舞台の構成要素があって、楽しかった。
歌舞伎という芸術に対する尊敬とそれに従事した中村さんへの深い感謝を感じた舞台でした。
最後のセリフと場面は魂をぐっと持ち上げるような、大きな感謝で中村さんの魂を天国まで押し上げ昇華してゆくようなそんな場面でした。泣く暇なく全身全霊で送り出す。それがこの人の弔いの形なのだなぁと思った作品でした

表にーは2011年の舞台で、野田氏ととても楽しそうに演技しておられたのに…と今みると胸が熱くなります。二時間動きっぱなしで汗だくで、それでもすごく楽しそうでした。野田氏も安心して全てをぶつけているような演技で、本当に大きな人を失ったんだなぁと感じました。

P1000728.jpg
P1000730.jpg

後半の舞台
穴が開いたり、回転したり、水を流したり、満開の桜が散ったり、せりがあったり、楽しいお芝居でした。

P1000732.jpg
帰りの芸術劇場

路地にむかい
P1000740.jpg
交差点のカラオケやさんを通り

P1000744.jpg
タイ料理やさんと鯛めしやさん

P1000745.jpg
遅くまでやってる素敵に怪しい本屋さんをながめつつ

P1000746.jpg
都電で帰宅しました
お舞台みて都電で帰るってなんだかよかった~都電混んでたけど(^^;

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き