スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみだ北斎美術館

美術館・博物館
04 /10 2017
P1010151.jpg

P1010149.jpg

4月2日に行ってきました。
以前から気になっていた美術館で、妹島さんの設計ときいてわくわくしてました。
この存在感いいですね~

P1010163.jpg
P1010160.jpg
こんな感じで建物画像がつづきます

P1010096.jpg
P1010100.jpg
P1010088.jpg
P1010101.jpg
P1010103.jpg
P1010106.jpg
P1010107.jpg
P1010127.jpg
P1010129.jpg
P1010132.jpg
P1010110.jpg
P1010118.jpg
P1010141.jpg
P1010143.jpg
P1010148.jpg
P1010134.jpg
P1010136.jpg
P1010158.jpg


似たようなのばっかりですみません(汗
軽い建築といわれてきた妹島さんの違った側面にわくわくしました。

北斎の版画にもわくわくしました。まとめてみると、改めて面白い人だったのだなぁと、ほんとこの人は変わっています。それが大衆文化と合わさることで相乗効果をもたらし、神格化した流れが感覚だけなんですけど分かりました。伝わってきましたよ。
そして自分も下町に住んでいるせいかその変わった面白いおじさんの北斎の息吹といいますか、この隅田の土地と北斎とのかかわりがなんとなく伝わってきました。川を眺め人を眺め、時間を愛した北斎の、表現する喜びと苦しみ、生きることの切実な意味をつむいだ芸術家だったのだなと、この人のこの描かなくてはならなかった人間性、感性の奥深さが世界の人をここまでひきつけているのだなぁと改めて想いました。
いやぁすごい人だなと、技法や構図どれを観ても楽しい美術館でした。

公園の中にあり、絶えず子供の声が聞こえていて、なんだかこんな賑やかな場所で北斎も喜んでいるのかなとか想ってしまった。90回も引越しして長屋に暮らしていた北斎のどこか人の気配を感じていたい人間性と繋がるような立地でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。