スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語上手。

ほのぼの本
05 /25 2006
日本語上手。―ひと味ちがう表現へ日本語上手。―ひと味ちがう表現へ
馬場 伸彦 名古屋大学日本語表現研究会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ふらっと借りた本。文章の書き方が詩、漢詩、説明文などの種類にわけられ読みやすく書かれている。ラップや部屋の間取りの説明、谷川俊太郎や夏目漱石と一緒に色々な文章について書いているところが面白かった。
文体ってその人の考えたとおりに書かれるので、面白いなと思う。詳細に考えるときりがなく、漠然ととらえるとまたきりのない文章の別の一面を考えるのによかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。