スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センセイの書斎

ほのぼの本
08 /26 2006
4901998161センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場
内澤 旬子

幻戯書房 2006-05
売り上げランキング : 88260

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有名な作家、教授の書斎を拝見した本。イラストを文章で連載されたものと書き下ろしを加え31人の書斎を紹介しています。
妹尾河童さんのよう雰囲気のイラストに本棚にある本を紹介しつつ、持ち主の雰囲気を伝えている本。書斎に遊びに行ったような気持ちになりながらよみました。
しかし他にも書斎を持っている人も多く、また『自分が分かってしまうから』と自宅の書斎は見せられないと言う人もいて、面白いなあと思った。本を読み研究しているプロの人でも、本に依存しているということが驚きでした。本あっての自分、なんですね。
「いわゆる並べて背表紙を愛でるというタイプではないんですよ」と言っている人も多かった。娯楽の本と仕事の本を分けて読む人、必要な部分だけ剥がして他は捨ててしまう人、色々いて面白い。誰にも共通しているのはやはり本の置き場所に困っているというところ。日本の住宅事情が伺えます。
津野海太郎さんという編集者の棚にあった本に一番ぐっときた。読みたいな。

本の収納は我が家でも頭の痛い問題です。なるべく図書館で借りるようにしているのだけど、本好きが4人もいると、いつまでたっても冬の来ないリスの一家のようです(泣)溜めるばかりで…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。