スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このおとだれだ?

絵本・詩
09 /03 2006
このおとだれだ?このおとだれだ?
こもり まこと


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「プルプルプルルルー」、プルプルくんは小さくても元気。「ドルンドルンドルルルー」、力持ちのマイク兄さん。「フォンフォンクオオーッ」、ラリーさんはかっこいい。いろんな車の音や走り、色が楽しい絵本。(抄録抜粋)

今日は何の日でしょう?そうですラリージャパン最終日!!
1位ローブ 2位グロンホルム 3位ヒルボネン
でしたねー。新井も6位に入ったし、PCでは奴田原さんが優勝したし、素晴らしい日曜日です。で、新刊のこの絵本を紹介(笑)
どのくるまも画像を見てお分かりのようにちょっと前の古い車です。MINI、チェンクチェント、アルピーヌ・ルノー、ワーゲンなど、走ることが楽しかった時代の車が集まってみんなで峠を目指すという、わくわくする絵本です。エンジン音が微妙に違うところが素敵です。皆で集まって峠を上る場面ではさりげなくカウンターをあててたりします。タイヤの向きまでこだわってます。峠道もキプロスラリーやモナコみたいな山道で素敵です。

やっぱりラリーさんはかっこいいなぁと言われたラリーさん。自慢するでもなく一緒に走りましょうと誘うところが紳士です。そうすると皆が、うれしいなぁ、一緒に走りましょう!と答えます。走る愉しみが伝わってきます。最後は頂上に昇った後、さぁ下ろう!と言いながら終わります。ダウンヒルです。ますます素敵です(笑)。

峠を走る楽しさの詰まった絵本。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。