スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス式極楽水上生活

イギリスの本
09 /12 2006
イギリス式極楽水上生活―ナローボートで楽しむ爽快クルーズ・ライフイギリス式極楽水上生活―ナローボートで楽しむ爽快クルーズ・ライフ
秋山 岳志


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前にもナローボートの入門書を読んだのですが、これはもっと詳しく書かれています。留学しナローボートを何年も愉しんだ作者がナローボートの借り方から、生活の仕方、ロックと呼ばれる水門の通り方、水・食料などの補給の仕方まで丁寧に教えてくれます。読んでいると一緒に旅したくなり、また旅をしているような気持ちになってきます。

工程が詳細に書かれているので、この本で実際にナローボートに乗り込むことができます。運河の地図なども載っていて、どこに行こうかなぁなんて考えながら読むのが楽しかった。
しかし重複している部分や部分的に飛んでいる箇所があり、何度も繰り返し読まないと項目について深く知ることができなかったのが残念、乱読するとリラックスして読めるのでそんな感じで読み進むといいのかも。

ナローボート、ほしいです。ボーっとしたいなぁ(ギャグになってる!さむ~)。水上には階級もないのだそうで、そんな発想のイギリスがかっこいいなと、水路を保存する考えとともに敬服しました。

いつもこの手のイギリスの趣味本を見ると思うのだけど、どこにいってもフェスティバルには趣味好きなイギリス人が集まっています。車や馬や汽車…イギリス人の趣味って深いのか多いのか…謎です。どのように趣味どうしが共存しているのかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご購読に感謝

拙著をご購読いただきまして、
誠にありがとうございます。
これまで気がつかず、
申し訳ございませんでした。

ご指摘されている部分、
確かにその通りだと思います。

ご推察のように、
面白くなさそうなテーマは飛ばして読んでも脈絡は崩れない、
という校正は意識していたのですが。

次回作では、
そのあたりも改善して、
より読みやすい作品に仕上がるよう、
努力いたします。

イギリス人は趣味人ですが、
ひとつに没頭すると
ほかのことには興味がなくなる傾向があります。
サッカーを見る層とラグビーを見る層がぜんぜん違うというのも、その現われかと。

最後に、
このたびのご批評につき、
重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございます

はじめまして、そして書き込んでくださってありがとうございます。こちらこそ、思いのままつらつらと感想を述べてしまってすみませんでした。

面白くない部分はありませんでした。読んでゆくうちに重なっている部分があり、読み返して、確認しながら読みました。私は何でもぱっと覚えてしまうほうではないので繰り返し出て来たことによって確認できたという利点もありました。
本の中で乱読すると楽しめるのではないかという意味で書きました。語弊でした、すみません。

ボート生活での具体的な細かい出来事が書かれていて、自分もボートに乗った気分で楽しむことができました。スコットランドのボートリフト、ファルカーク・ホイールを見てみたくなりました。他にも水門の様子や、係留、BWの鍵の文が好きです。

ブログ拝見させていただきました。他にも本を出版されているのですね。東京の川の近くに住んでいるので、水上生活にあこがれます。いつか私もボートに乗って生活してみたいです。

こちらの疑問にまで答えてくださり嬉しかったです。ほんとうにありがとうございました。

ご返信いただきまして、誠にありがとうございます。
本などを執筆しておりますと、
読者の方からのリアクションを直接受けることは
なかなか機会が少ないのですが、
このようにご批評をいただき、
大変うれしく思っているしだいです。

先日、東京の川めぐりをしてきました。
その様子は、後日ブログでアップしますので、
こちらもどうぞご高覧ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

たびたび書き込みありがとうございます。嬉しいです。
本が好きで、友人と話すような気持ちで読書しています。知らない人なのに、自分の読む速度にあわせて語りかけてくれているような気がして、読みながら頷いたり笑ったりしています。

ここに紹介している本は、そんな親密な印象を受けたり、考えに寄り添うことのできた本ばかりです。
ちょっと馴れ馴れしいかもしれませんが(笑)楽しく読書できたことがナローボーターさんに伝わるといいです。

東京の川めぐり、楽しそうです。
ブログのアップ楽しみにしています。
ありがとうございました。

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。