スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンターゲスト

映画
09 /14 2006
ウィンター・ゲストウィンター・ゲスト
アラン・リックマン エマ・トンプソン フィリダ・ロウ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずっと家に置いてあって、観ようと思ってたんだけど観てなかったビデオをやっと観ました。他のリックマンが出ている映画でビデオ・DVDになっているものは殆ど観たんだけど、これはリックマンが出ていないし(笑)そしてなにより、エマが羨ましくて(勝手に)嫉妬して観てなかった(笑)。

いつか晴れた日にいつか晴れた日に
アン・リー エマ・トンプソン アラン・リックマン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


観たときに、だっこしてもらった恋人役の人よりも、よき友人としてのエマへの視線のほうが気になって仕方なかったんです。リックマンと彼女の間にある役者としての信頼関係がこう…伝わってくるんですね。いいなぁ、エマさん。で「ウィンターゲスト」でしょ、分かりますか、この羨ましい気持ち(笑)。

リックマンファンの馬鹿っぷり満載なので以下に…
リックマンの演技は分かりやすいといいうか、こう何故か伝わってくるものがあります。それは私が勝手に思ってることなのかもしれないけど、リックマンが演技に込める思い入れのようなものが(それが例えさりげない演技をしているとしても)おわっ!と思ってしまうんですね。
それはシェークスピア俳優だからかなとも思うんだけど、分かりやすすぎて逆に分からない演技とかもあったりして、この人を好きになるまで映画の中の役者の演技ってあまり注視してなかったんだけど、注目するようになり、世界がぐっと広がりました。

で「ウィンターゲスト」よかったです。リックマンが(笑)。始めのお母さんが雪原を渡ってくるところと、ワンカットで海の向こうまで流れるオープニングが最高です。どうしてもリックマンの心象風景に見えてしまう(笑)。素敵です。8人の登場人物が4つの場を作り展開し絡み合いながら、複雑な生や死を語っている。様々な側面を場面に盛り込みながら最後には海の向こうへと眼差しを向けています。もうそれが…全てが……。

エマさんも素敵でした。お母さん(ほんとの親子共演)もよかった。親が子になったり、子が親になったりする。それが自然で、さりげないのもよかった。エマが少年に髪を触られる場面で、リックマンーーーーーーー!!!!と思ってしまった。もうどうして知ってるの!それを!!!という気持ち(勝手に意味不明なこと言ってます)。
その少年は最後に子猫を抱えて海の向こうへ行ってしまうんですよ。ああー(言葉にならない)

焚き火に手をかざし「時が過ぎ去ってしまった」と呟く母や、「死んだ父さんが見えるんだよ」という息子の言葉、全てにリックマンを感じました。

これを見た後に
ラブ・アクチュアリーラブ・アクチュアリー
リチャード・カーティス ヒュー・グラント キーラ・ナイトレイ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を観るとまた一味違います。ああ、頭の中が…(もういいって)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アラン・リックマン

アラン・リックマン、お好きなんですね、月野夜さん。私も好きなんです。「シャンプー台の向うに」「いつか晴れた日に」「銀河ヒッチハイク・ガイド」のロボットの声なんか観ました。ベルベッド・ヴォイス、ミルク・チョコレート・ヴォイスって云われてる、あの独特の話し方。シャイではにかんだ感じの大佐役。(いつか晴れた日)
色々他のも沢山出演されていらっしゃるんですね。これは、借りなければっ!

大好きです~♪

mimiさん、こんにちは♪

アラン・リックマン好きなんです(^^)。魔法学校の教授を好きになって彼の演技のすごさに気付きました。声もいいですね。社会人になってから演劇を学んだという経歴も好きです。なので若い頃の出演作品は少ないのですが探しながら楽しんでいます。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」はまだ観てないので探してみます。

「ラブ・アクチュアリー」お勧めです。本編をご覧になったあとに、監督のコメンタリーも聞いてみてください。アランの出演している場面で監督がアランについて色々語っている話がいいです。同じ監督として作品について話し合ったりもしたようで、裏話が聞けて楽しかったです。

書き込みありがとうございます(^^)

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。