スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニアとクラッシュ

映画
10 /10 2006
一週間レンタルしてたのをぎりぎりになって観ました。もっと繰り返し見たかったのに…いつもそうだなぁ(泣)

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
C・S・ルイス アンドリュー・アダムソン ジョージー・ヘンリー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんというか…ディズニーだなぁというのが感想。ハリー・ポッターを原作読まないで観たらこんな風に思うのかなという鑑賞感。原作読みたいなぁ、時間がないなぁ。四人兄弟のそれぞれのキャラクターの意味があるのだろうなぁ。兄弟間のキャラクターの描き出しが始めのほうだけなので、後半もっと会話とかあったら物語にふくらみが出たのかなと、原作を読めと言われそうです。はい(笑)。
話がどんどん進んで、とんとん展開するので、楽しく観れました。子供達が楽しそうに見てました。冬の魔女がよかったです。すごい演技力ですね。場を圧倒する美しさでした。孤高の鋭さを感じた。ライオンさんかわいい。戦いのときバックビーク(じゃないって)がびゅーっと空飛んで身を反し失速させながら下降してゆくCGがよかった。


クラッシュクラッシュ
ポール・ハギス ボビー・モレスコ サンドラ・ブロック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画館で「ホテル・ルワンダ」を観たときに予告を観て印象に残っていた映画。いくつかの家族がおりなすロスを舞台にしたオムニバスです。脚本がいいなぁというのが第一印象。物語の重なり具合が絶妙です。カットも扉を開けると次の世界(他の家族のシーン)に移ったりして、リズミカルに進みます。
”あっ、感情を操作されてるな”と思っても泣いてしまいます(笑)。
善が悪に悪が善に、その深度の微妙な差は感受性なんだけど、それさえも包み込む世界があることに気付かされます。
印象的なセリフは「自分でも何でこんなに怒っているのか分からないのよ」というアメリカ人セレブ。「犯人はお前だよ」と長男を責める母親。
一人一人がストレスを抱えていて、それがどんどん大きくなったり瞬時に浄化されたりしてゆく流れがよかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。