スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トポロジー・ドライブ

美術館・博物館
11 /29 2006
トポロジー・ドライブ 理性、信仰、政治を超える地平」インゴ・ギュンター展へ行ってきました。

去年、行われた横浜トリエンナーレにも出展したメディアアートの革新者の、新しいインスタレーションが大学キャンパスで行われているので行ってきました。

「外交に関する試み」と題された五番目の展示は銃の空箱と銃が床と天井に置かれ、倉庫内を覗き込んだ瞬間、はっとしました。箱に書かれたオスカーなどのありきたりな文字は暗号で、その意味を考えてぞっとしました。

新作の「トポロジー・ドライブ」も面白かったです。広い空間でインスタレーションを観るのは好きです。数年前廃校になる小学校などを使って、インスタレーションをしていた展示がいくつかありましたが、あんなわくわくした感じをもちました。
光る棒が台の上を行ったり来たりしていて、それが微妙に斜めに行き来してるのが気になった。故意に斜めにしているようなので、その違和感が面白かった。画像の意味や全体の雰囲気を考え楽しみました。

夕方から建物の外観を使った展示も行われているようです。観たかったのですが帰ってきました。展示は明日までです。北千住の駅からすぐなので、機会がありましたら是非。

上記のHPで展示のようすが見られます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。