スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きかんしゃカンスケ

絵本・詩
03 /01 2007
きかんしゃカンスケきかんしゃカンスケ
東田 直樹 唐沢 睦子

交通新聞社 2006-08
売り上げランキング : 1404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前にも紹介しましたが、続刊が出たので再び紹介

カンスケとあかいはっぱカンスケとあかいはっぱ
東田 直樹 唐沢 睦子

交通新聞社 2006-11
売り上げランキング : 2516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この絵本、汽車好きの息子がすごく好きなんですよ。
幼稚園から帰ってきてすぐ開いて眺めたりしてる。ひらがなが読めるようになったので、時々声に出して読んでみたりする。
息子は周りに言われてから行動するタイプではなく、自分から進んでやりたいことだけやるタイプ(わがままといいますか、自分勝手といいますか、自己主張が強いタイプ)なので、この絵本をくりかえしめくったり、耐えず持ち歩いているのは、かなり好きなよう。

あかいはっぱも、とりあえず自分がざっと目を通してから、私に読めと言ってきた(笑)。図書館で借りていたんだけど、買わなくてはなぁと思ってます。

あかいはっぱは、秋になり寂しくなったカンスケを励まし誰かの何かの役に立つために旅立つはっぱのお話です。すっくと立つはっぱの思想に大人の私のほうが教えられる、そんな素敵な話でした。

今教育TVで放送されている趣味の番組で、ジオラマを作ろうというのがあります。夫と息子はわくわくしながら毎回楽しみに見てます。一日中汽車のことばかり考えていて辛くないのかしら(笑)それが趣味か…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。